就職

2014年11月14日

採用が最も重要か?

こんにちは

冬の足音が聞こえてきますね

朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。


本日は「採用が最も重要か?」についてです。


 

「採用面接が会社では重要である」


この言葉を聞いて、ピンとくる経営者は人材で苦労され、人を育てる大切さがわかる方でしょう。

 

スタートアップ時の会社は、家族、友人、知り合いなどで構成されるケースがほとんどでしょう。


しかし、事業がうまくいくと人材を採用しないといけません。


そこで、「人手が足りないから」と言って「何人確保」的な採用を行うと、その後に労使関係でのトラブルに発展する可能性があります。


スタート時は経営陣、社員などの区別もなしに目標に向かって動きますが、媒体等を使って外部環境から社員を雇用するとなると、社長の創業時の想いなども、伝わるかもしれませんが、最初にいた人との
温度差は大きく異なるものとなるでしょう。



そして、何にこだわるかというと「給料」「休日」「残業」「休暇」などの労働条件ということなのです。


こうなると、最初のスタート時の「想い」よりも自分の労働に関する権利に興味があるのです。


そして、このギャップがトラブルを生むことが多くあるのです。


 

つまり、最初の採用面接で「数を集める」という姿勢がこの結果を生むのです。


これを避けるのには面接のスキルを高めるしかないのです。


 

面接のスキルを高めるということは担当する人のスキルを高めることと考えがちかもしれませんが、「会社としてどんな人を採用するのか」を明確にしないといけません。


 

「いい人がいませんか?」という言葉をよく聞きますが、どんな「いい人」が会社にとって必要なのか?が決まっていなければ「いい人」の人物像が見えてこないからです。

 

しかし、ここのことを考えて面接している会社が以外にも少ないのではないでしょうか?

 


採用する人によって「会社の将来」が変わってきます。


どんな人を採用するのかで「会社が大きく変わること」もあるのです。



 

採用面接は会社の将来を占うものでもあるのです。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     



utsumisr at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月06日

中小企業の採用の悩みとは

おはようございます

今日も寒い一日となりそうです

昨日は、手袋なしで15分程度外を歩いたら、手がかじかんでパソコンがうてなかったです


本日は「中小企業の採用の悩みとは」についてです。

 


多くの中小企業の社長が採用で悩んでいます。


よく耳にするのは「いい人がいなくて・・・」「募集しても人が集まらなくて・・・」という言葉です。


確かに景気も上向いている状況で、求人倍率も上昇し、採用市場は売り手市場となってきています。

しかし、これに手をこまねいていいわけはありません。


 

多くのご相談を受けてきて、私が感じるのは「採用における中小企業の課題」2つあります。


それは


 
自社の魅力の分析ができていない


 
求める人材像が明確になっていない


ということです。



「当社は一般的な中小企業で特に売れ筋の商品を扱っているわけでもないし、営業が特別強いわけでもありません・・・」とお話しいただくケースが多いですが、本当にそうでしょうか?



小さいなりの魅力が必ずあるはずです。


例えば、「人数が少ないから何でもこなすようになれる」「やりたい仕事ができる」「社長の人柄に惚れた」など、実際に社員等に感じたことを話してもらい、自社の魅力の分析を行うことが第一なのです。


そして、その魅力を前に押し出した「求人広告」「HP」制作をすることが大切です。


それから、求める人材像の明確化です。


これは、どんなスキルを持っている人を採用するのか?ではなく、そんな仕事を任せるのか?そのような成果を期待しているのか?を先に決めて、それに該当する人を採用するという考え方をもつことが大切なのです。


そのためにも「求めない人材像」も明確にする必要もあるでしょう。


この2つのポイントを押さえて、はじめて採用活動がスタートするのです。


いかがでしょうか?


少し手をかけることにより、大きく結果が変わってくるのかもしれませんね。




人気ブログランキングに参加しています。



ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 



utsumisr at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月04日

採用面接のやり方について

おはようございます

今日は午後から雪マークがついています

天候に気を付けましょう



本日は「採用面接のやり方について」です。

 


採用時の面接はどんな企業も必ず行います。


応募者の人柄や考え方を伺って、会社に向かいいれても大丈夫かをみるためです。


また、業務のスキル、知識、方向性なども質問して、どんな仕事を任せようか考えながら面接は進むでしょう。



しかし、多くの社長は「面接だけではわからない」とお話しになります。


1時間程度の話の中で応募者の全貌なんて理解できないとのことですが、これは逆に「当たり前」のことと考えられます。


面接の質問も「予想」されるものであれば、「回答を用意」してくるでしょうし、その回答は「立派」なものとなっているでしょう。


また、面接官が人柄を見抜こうという態度であれば、委縮して、また、警戒して本心からの回答とはならないでしょう。


 

ある方から聞いたのですが、面接は面接官がニコニコして、応募者を和ませることが第一であるとのことです。


応募者がリラックスして、話せる環境を作ることで、いろいろなことを「話し合う」感じを作り、そこで人柄を見ることが大切とのことでした。


面接となると面接官も応募者も少なからず緊張しているので、この環境を変えるのが第一なのです。
 

 
人気ブログランキングに参加しています。



ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 



utsumisr at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月24日

最初の就職のインパクト

おはようございます

最近、本格的に秋めいてまいりましたね

寒暖の差があるので、体調管理は万全にお願いします。


本日は「最初の就職のインパクト」についてです。


人が社会人として就職するにあたり、最初に入社した会社の社風や風土がポイントになります。

それは、その人の会社人生においてのベースの考え方になるからです。

「新卒は真っ白だ」という話がありますか、色に染まっていない人が最初にうけるインパクトがその人の社会人としての色となっていくのです。



仮に、その人が転職をしても、最初の会社との比較から入ります。

転職を繰りかえしている人でも最初の会社のインパクトはとても大きいものです。



私自身もこのことは身をもって体験しております。

私の場合は、新卒で最初に入社した会社が人事管理にしてもとても「教科書的」なところがありました。

その後転職も何回か繰り返したのですが、その都度、最初の会社との差を考えたものです。

具体的には「書類がきちんとしているか」「法律がルーズに運用されていないか」などです。



だから、新卒者にとっての最初の会社はとても大きな意味があるのです。

また、会社にとっても意味のあるものであります。新卒採用については、育つ人材の素養を見抜くことが大切ですし、採用後は「いかに教育して育てていくか」がとても重要なポイントとなってくるでしょう。



とはいえ、新卒のみの採用だけで、組織が成り立っている会社は現在少ないでしょう。

ということは、いろいろな価値観を持った社員を見極め、自社の目指す方向と、応募者のめざす方向が同じであることが重要です。

中途採用者については、任せる業務の具体性が高ければ高いほどミスマッチのリスクが低くなるのです。



人気ブログランキングに参加しています。



ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 



utsumisr at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月23日

最初に就職した会社のインパクト

おはようございます

今日の東京は曇り

先ほど少し雨が降っていました


本日は「最初に就職した会社のインパクト」についてです。

人が社会人として就職するにあたり、最初に入社した会社の社風や風土がポイントになります。

それは、その人の会社人生においてのベースの考え方になるからです。

「新卒は真っ白だ」という話がありますか、色に染まっていない人が最初にうけるインパクトがその人の社会人としての色となっていくのです。


仮に、その人が転職をしても、最初の会社との比較から入ります。

転職を繰りかえしている人でも最初の会社のインパクトはとても大きいものです。




私自身もこのことは身をもって体験しております。


私の場合は、新卒で最初に入社した会社が人事管理にしてもとても「教科書的」なところがありました。

その後転職も何回か繰り返したのですが、その都度、最初の会社との差を考えたものです。

具体的には「書類がきちんとしているか」「法律がルーズに運用されていないか」などです。



だから、新卒者にとっての最初の会社はとても大きな意味があるのです。

また、会社にとっても意味のあるものであります。



とはいえ、新卒のみの採用だけで、組織が成り立っている会社は現在少ないでしょう。

ということは、いろいろな価値観を持った社員を見極め、自社の目指す方向と、応募者のめざす方向が同じであることが重要です。




人気ブログランキングに参加しています。



ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 




utsumisr at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月02日

採用面接 前職で失敗した経験は?

おはようございます

今日も不安定なお天気です

急な雨に気をつけましょう


本日は「採用面接 前職で失敗した経験は?」についてです。


中途採用の採用面接では、管理職やマネジメント層の採用も実施されます。

業務そのものスキルや経験のリサーチも必要ですが、仕事への責任感を見極めなければなりません。

そんなときは前職での「失敗した経験」を聞きましょう。



多くの応募者は自分を売り込むPRや輝かしい実績を武器に採用面接に臨んでいます。

面接のハウツウ本にも書かれている通り、売り込むポイントは時間をかけて考えて作り上げられています。


しかし、「失敗した経験」については、回答を用意していないケースがほとんどです。

ここの対応でも人間性を見ることができます。



「失敗した経験」を聞くことは、実績ある人間は「大なり、小なり」必ず持っています。

そして、失敗した経験を分析し、克服し、そして、次へのステップに変えているのです。


「失敗した経験を生かして、成長ができているか」

「責任ある仕事をこなした経験があるか」

「部下、業務環境などに責任転嫁せず、仕事をやり遂げようとする意志があるか」

などがこの質問から分かってきます。



成功体験より、「失敗体験を生かすこと」が重要です。

もしも、「失敗体験がない・・・」という人がいたら、責任あるポジションに着いていない人なのかもしれません。

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月31日

採用面接 職務経歴書からわかること

おはようございます

今日もすっきりしない朝ですね

湿度は高めです・・・。


本日は「採用面接 職務経歴書からわかること」についてです。



中途採用の場合、筆記試験や実技試験よりも職務経歴と面接で判断するケースが多いです。

よって、職務経歴のチェックは重要なポイントになってきます。



まずは、本人の職務経歴と会社が求める人材の能力がマッチしているかを見ます。

そして、具体的な実績、前職での評価を「当社の基準」に置き換えることが出来るか?を検討するのです。

この先、気をつけることは職務と関連の無い能力等でアピールする応募者がいますが、ここは自社の求めるものとの整合性を確認しましょう。

何でもいいから売り込む姿勢は、コアの業務に要求されている能力に自信がないと判断しましょう。




また、提出された職務経歴書に書かれている経歴を実際に面接時に説明してもらいましょう。

ここで、誇張しすぎや作文した経歴であれば「ボロ」がでます。

そして、「今までの経歴や実績に具体性があるか?」を検証するのです。

不審な点があると思ったら、十分に時間をかけて追求しましょう。



人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月19日

採用面接 、前職の退職理由でわかること

おはようございます

今日は夏らしいお天気ですね

外出時の熱中症に気をつけましょう!


本日は「採用面接、前職の退職理由でわかること」についてです。

 

中途採用を面接する場合、このことは「絶対」に聞かなければいけません。

退職理由が曖昧な場合があります。

そのときは「人間関係」の場合が多いのです。

人間関係の問題で退職を余儀なくされた場合、自分自身の問題点を自覚していないケースが多く見受けられます。

そして、人間関係の問題で退職した人を入社させた場合、同じ問題で当社も退職する可能性があるのです。

また、退職理由が曖昧な場合、仕事に対する「信念」がなくストレスに弱い可能性もあるのです。



さらに、退職理由が曖昧だと「志望動機」も曖昧なケースも多いのです。

この場合、「なんとなく前職が合わない」「自分には他の仕事が向いているかも」という動機が退職理由ということが多いです。

よって「今度の会社は自分と会いそう」「この仕事は向いているかも・・・」とこのような理由が志望動機かもしれません。

このような応募者は、自己分析が出来ていないのです。

本当に自分が何をやりたいのか?

何故仕事を変えるのか?

なんで前職を辞めるのか?

自分のことなのに分析できていないことが多いです。


さらに、このタイプは、他人に依存して生きています。

具体的には「うまく行かないのは、相手が悪い」「自分は正しいのに相手が間違っていた」と考えているのです。

自分の考えに反省は無く、他人に原因を求めるのです。退職理由を聞いていて、自分の主張を面接官に伝えようと、必死になり表情が硬くなる傾向があります。

退職理由に共感を求める場合の応募者は要注意です。

自己分析が出来ていれば、仮に退職理由が人間関係等でも「原因」について淡々と語ります。

ここがポイントとなります。



人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net




utsumisr at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月18日

採用面接、持ち物の取扱でわかること

おはようございます

今日は曇り

気温も低めで少し過ごしやすいですね。


本日は「採用面接、持ち物の取扱でわかること」についてです。


採用面接の場面で、カバン、コート、上着など、応募者が手にするものがあります。

その際に、「カバンは隣の席へ」「コートはこちらへ」と促すことがあります。


そのときの取り扱いでわかることがあります。


それは、入社後の会社のモノや備品の取り扱いです。

いくら「緊張している」とはいえ、自分のものだから粗末にしていいということはありません。

しかし、その自分のものすら「雑」に扱ってしまう場合は、要注意です。

会社のものを雑に扱う可能性が高くなります。


これは、意識の話でもあるのですが、人は「自分のもの」は大切にします。

しかし、他人のもの、特に会社に帰属するものは、最大で自分のものの扱いと同じ。

大多数は「それ以下」となってしまいます。

となると、採用面接の場面で「ちょっとしたしぐさ」も見逃してはいけないのです。


業種によっては、個人情報を大量に取り扱う会社もあるでしょう。

顧客名簿の紙が「雑」に取り扱われてしまい、紛失してしまったら、会社に大打撃を与える可能性もあるのです。


ここもしっかりと押さえましょう。



人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net




utsumisr at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月28日

就活でも、見た目が大事・・・

おはようございます

今日は朝、雪がちらついていました

一瞬はかなりの降りでしたが、今は晴れています

少し、びっくりしました(笑)

 

本日は「就活でも、見た目が大事・・・」についてです。

就活も今となっては、特別な言葉ではありませんね。

そして、ここ数年は激化していることも、いろいろな報道で伝えられています。

学生にとっては、「どんな会社に入りたいか」真剣な勝負です。

 

そこで、就活についても「見た目が重要」とのことで、様々なセミナーが開催されています。

それこそ、ファッションについてや、お化粧についてのセミナー等も加熱しているようです。

写真写りが重要なので、「伊勢丹の写真館」が有名になったりしました。

これも大切です。

 

私が採用していて、写真写りとお会いした時のギャップにびっくりすることも多々ありました。

それだけでも「書類選考」を勝ち抜くということではポイントとなります。

 

しかし、最終的には「外見だけ」ではありませんね。

最初の入りはそこがポイントでしょうが、それが全てにはなりません。

仕事はWEBや紙だけのことでは無いからです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net

 



utsumisr at 09:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
月別アーカイブス
タグふれんず