企業年金

2012年05月17日

年金不正防止へ会計監査活用を提言

おはようございます

今日は良いお天気ですね

しかし、夕方にまたお天気荒れる予報です・・・。

気をつけましょう。

 

本日は「年金不正防止へ会計監査活用を提言」についてです。

日経新聞より

ここから

日本公認会計士協会(山崎彰三会長)は16日、AIJ投資顧問による年金消失問題を受け、再発防止のために会計士による会計監査を活用することを提言した。

年金基金の財務諸表や私募ファンド、運用委任先の投資顧問会社に監査を実施することが情報の信頼性向上につながると指摘。

会計士による内部統制水準の保証資格「SSAE16」を委託先投資顧問が取得しているかどうか確認することも有効だとした。

ただ、現在は年金基金の財務諸表の会計基準が存在しないため、実現に向けては基準の作成なども課題となりそうだ。

ここまで

AIJの問題が広がっています。

今後はきちんとなりそうです。

しかし、今までの補填はどうなるのでしょうか?

この問題で、頭を抱えている経営者が沢山いるのも事実です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月16日

厚年基金の運用実態を開示 厚労省が規制強化策

おはようございます

今日は出張先の会津からです!

こちらも晴れの予報です


本日は「厚年基金の運用実態を開示 厚労省が規制強化策」についてです。

日経新聞より

ここから

厚生労働省は15日、AIJ投資顧問による年金消失問題を受け厚生年金基金の資産運用規制に関する強化策をまとめた。

中小の厚年基金の資金を共同運用することや、運用実態を原則開示することを盛り込んだ。

16日に開く有識者会議で示し、議論を踏まえて関連の法律や省令を見直す。



分散投資が適切かどうかを把握するため、総資産額や運用会社別の委託額が分かる報告書を原則開示する。

厚年基金の運用方針を決める資産運用委員会には学識経験者や運用経験者など外部人材を登用。複数の目で点検する仕組みに改める。


厚年基金の9割が運用経験のない担当者を置いていた経緯を考慮し、研修を充実する。

AIJ商品の販路の拡大に寄与したとされる運用コンサルタントが金融商品取引法上の登録をしていなかったこともあり、コンサルタントと契約する際は金商法上の登録を条件とする。



有識者会議は将来の厚年基金制度の廃止を提言した民主党のワーキングチームの案も議論する。

15日に記者会見した辻泰弘副大臣は「すぐに廃止できないが、方向性は理解できる」と述べた。

ただ、廃止は将来的なテーマにとどめ、当面は資産運用規制を強化する方針を示した。

ここまで

より透明性が増してくるでしょう。

今後に期待です。

むしろ遅すぎかもしれませんね。


但し、運用だけではなく、経済構造の改革と景気の好転を望みます。

そうすれば、おのずと運用もよくなるでしょう。

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 06:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月12日

ずさん管理防げ、中小の年金を共同運用に

おはようございます

今日は良いお天気になりそうですね

今週末はおでかけ日和!

 

本日は「ずさん管理防げ、中小の年金を共同運用に」についてです。

日経新聞より

ここから

厚生労働省はAIJ投資顧問による年金消失問題を受け、中小の厚生年金基金の資金を共同運用する方針を固めた。

AIJの被害を受けたのは大半が専門家のいない中小基金だった。

企業年金連合会に中小基金の資金を委託することで、ずさんな運用を防ぐ狙い。

厚労省は16日、AIJ問題の再発防止を探る有識者会議で共同運用案を提示する。

制度の詳細は有識者会議で協議する。
 
6月末までに共同運用の細部を詰める。
 
企業年金連合会(東京・港、村瀬清司理事長)は企業年金の中途脱退者や解散した基金の年金資産を引き継いで運用・支給している。
 
連合会が厚年基金の資金を受託できるようにするため、早ければ来年の通常国会で関連法の改正案を提出することを検討する。

厚労省の調査では厚年基金の9割が資産運用経験のない運用担当者を置いている。

改ざんされたAIJの運用成績は当初から専門家の間で「理論的に不可能」と指摘されてきたのに、多くの中小基金は虚偽を見抜けなかった。

分散投資の基本を守らず、AIJに集中投資する基金もあった。

厚労省は中小基金の資金を連合会で共同運用すれば、分散投資を徹底したり、虚偽の運用を見抜いたりできるとみている。

連合会の運用規模は約10兆円で、資産運用の専門家も抱えている。

連合会との共同運用で運用規模がさらに拡大すれば、優良な運用会社に低コストで任せる規模のメリットを享受できるようになる。

共同運用は中小基金に義務づけるのではなく希望する基金の資金を対象とする案が有力だ。

米国では、非営利の運用会社が大学基金や年金基金の資金を共同運用する例がある。
 
専門家が一定の規模の資金をまとめて運用し、安定した利回りを目指している。

ただ、共同運用はAIJ問題の再発防止にはなっても、厚年基金で深刻な積み立て不足を解消する決め手にはならない。

企業年金連合会は高利回りを目指して運用しているわけではないので、AIJ問題の引き金となった運用で損失を取り戻すようなことは不可能だ。

厚労省は共同運用の他にも資産運用規制の強化策を有識者会議で示す。

これまで努力義務となっていた資産運用方針の策定を義務付ける。

厚年基金の運用方針を決める資産運用委員会に学識経験者や運用経験者を登用し、分散投資がきちんと守られるように規制を見直す。

ここまで

AIJ問題を受けて国が動き出したようです。

今までが甘すぎて、今回の政策が本来の姿ではないでしょうか。

資産運用を厳格にやらないと本来の意味がありません。

すたをあけたら「失敗でした」ではすまない問題です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月09日

年金積み立て不足、14年3月期から負債に計上

おはようございます

今日は午後から雨の予報ですね

大気が不安定なので、注意しましょう。

 

本日は「年金積み立て不足、14年3月期から負債に計上 」についてです。

日経新聞より

ここから

年金の積み立て不足を貸借対照表(バランスシート)に全額反映させる上場企業の新しい会計基準が、2014年3月期の連結決算から適用される見通しとなった。

多額の積み立て不足を抱える企業の中には自己資本比率が低下するところもある。

新基準を機に、運用や給付の見直しなど年金財政の健全化に動く企業も出てきそうだ。

企業会計基準委員会(ASBJ)が10日にも議決する。早ければ今月中にも会計基準として成立する。

現在の会計基準では年金の積み立て不足は10年程度の期間で毎年分割して費用に計上し、総額は決算書外の注記による開示にとどめている。

新基準では従来と同様の毎年の費用処理に加え積み立て不足を全額負債に即時に計上、一方で自己資本を減額し、貸借対照表に反映させる。

新基準の狙いは決算書の透明性の向上。米国の会計基準や国際会計基準(13年1月に改訂予定)も同様のルールを採用しており、日本の基準もこれにそろえることで企業側も合意した。

日本基準の3月期決算上場企業1692社(金融、電力、新興除く)の積み立て不足(11年3月末)は総額5兆2863億円で、自己資本全体の3.8%に相当。

全体としてみると影響は軽微だが、自己資本の2割を超える積み立て不足を抱える企業が42社あるなど企業によっては影響が大きく、積み立て不足の圧縮などが課題になる。

新基準の適用は連結決算のみで、企業から「配当など利益配分への影響が大きい」と反発が強かった単独決算についての適用は見送る。

ASBJは10年春、国際会計基準と日本基準の共通化作業の一環として12年3月期からの適用を目指し、新年金基準の草案を公表した。

経済界などとの調整を経て、連結決算に限定適用とし、導入時期を決めた。

ここまで

年金の積み立て不足が、これからは「隠れ債務」ではなくなります。

透明性が上がるのは良いですが、年金運用に慎重になってしまいます。

運用成績が悪かったら、本格的に本業に影響が出るかも・・・。

今後が厳しい状況となるでしょう。


 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月08日

確定拠出年金、専業主婦も対象に 政府が検討、上限額も上げ

おはようございます

今日は晴れですね

気温は暑くなりそうですが・・・

 

本日は「確定拠出年金、専業主婦も対象に 政府が検討、上限額も上げ」についてです。

日経新聞より

ここから

政府は働く個人が自ら運用方法を決める確定拠出年金(日本版401k)を拡充する方向で検討に入った。

専業主婦や公務員を対象に加えることや、個人で拠出できる額の上限の引き上げを検討する。

家計資産を運用に向かわせ、資金が企業に流れる好循環を生み出す狙いがある。

具体的な制度設計を年央に固める日本再生戦略に盛り込む。

8日に閣僚会議の「成長ファイナンス推進会議」で示す中間報告案に盛り込んだ。

確定拠出年金は導入から10年以上たつが、資産額は5.4兆円と確定給付年金の10分の1に満たない。

普及のためには、会社員や公務員の夫を持つ専業主婦も対象に含める必要があるとみて、社会保障と税の一体改革と併せて検討する。

専業主婦も加入できるようになれば、出産や子育てなどを理由に仕事から離れた期間も掛け金の拠出を続けられ、老後の備えを手厚くできる。

1月に導入された、従業員が企業拠出額に上乗せできる制度の拡充も検討する。

いまは個人分が企業拠出額を超えられず、労使の合計で月5.1万円という上限もある。

この仕組みを見直すほか、限度額を複数年度で管理し、単年度で余った枠を翌年度以降に繰り越せる制度も検討する。

ただ、税収が減るため政府内の調整が難航する可能性もある。

ここまで

確定拠出年金が導入されたころは、みんなこれになってしまうのではないか?と感じました。

しかし、なかなか普及しません。

その結果が今回のお話ですね。

果たして思惑通りに動くのでしょうか?

今後に注目です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月25日

年金資金「8割は現金保有」=基金にうその説明―AIJ浅川社長

おはようございます

今日は良いお天気ですね

穏やかな日になりそうです

 

本日は「年金資金「8割は現金保有」=基金にうその説明―AIJ浅川社長」についてです。

時事通信より

ここから

AIJ投資顧問による年金消失問題で、同社の浅川和彦社長(59)らが顧客の厚生年金基金に対し、「預かった資産の8割を現金として蓄え、2割だけを運用に充ててリスクを回避している」と説明し、契約を取り付けていたことが24日、関係者の話で分かった。

実際には、保有している現預金は受託資産の約3%に過ぎず、預かった資産の大半は運用に投じたり、解約した顧客への払い戻しに充てたりしていた。

証券取引等監視委員会は、AIJが実態と懸け離れた現金資本を保有しているように装うなど、顧客にさまざまなうその説明を重ねて契約を結んだとみて、金融商品取引法違反(契約の偽計)容疑での刑事告発に向け調査を進めている。

関係者によると、AIJや関係会社のアイティーエム証券は、年金基金に対する営業の際に、「集めた資産の8割は現金資本としてストックし、残りを実際の運用に充てている。万一、運用がうまくいかなくても、リスク管理ができている」などと説明していた。

浅川社長自身も直接、基金側に出向いて、こうした説明で勧誘していたという。

ここまで

まったくの嘘の運用だったのですね。

しかし、まったく分かる術が無く、資産が減ってしまったのです。

コレは基金運用全般にいえます。

他の運用が心配ですが・・・。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月17日

6割が元本割れ!「私の401k」こう立て直せ

おはようございます

今日はあいにくの雨ですね

気温は上がるのでしょうか?

 

本日は「6割が元本割れ!「私の401k」こう立て直せ」についてです。

プレジデントより

ここから

運用成績によって将来もらえる年金額が決まる確定拠出年金(日本版401k)は、2001年から多くの企業が導入した。

が、昨年末、加入者の約6割が元本割れとなっている(格付投資情報センターの調査より)と報道された。

世界的な株式相場低迷で元本が減り、不安になっている方も多いのではないだろうか。

しかし、元本がいくらだったかを考えることに意味はない。

もし100万円が90万円に減ってしまったとしても、それをどう取り戻すかということではなく、まずは今ある90万円をどう運用するかを考えたほうがいい。

すでに起きてしまったことに対して意思決定はできないからだ。

「将来大切な年金だから」といった特別な見方で401kを運用するのではなく、あくまで自分の金融資産の一部ととらえることだ。

そして、自分の資産全体で預貯金や株式などの割合を決め、その中から何を401kに割り当てるかを考える。

たとえば、手持ち資金500万円のほかに401kの積立金が100万円あるなら、合計600万円という枠の中でどのように資産を配分するかを考える。

もし400万円を安全資産である預貯金にし、200万円を株式に投資したいと思うのであれば、次に考えるべきは401kの部分を預貯金にするか株式にするかという選択肢である。

そもそも401kの最大のメリットは「節税できる貯蓄」である点だ。

まず、積み立てるときに税金がかからない。

振り込まれた給料から貯蓄する場合は、すでに元本から20%、30%といった所得税を引かれているが、401kは所得税を引かれる前に積み立てるから元本には税金がかかっていない。

このアドバンテージを加味すれば、元本割れしていても、損失額は意外に少ないと考えられる。

401kの節税メリットにはもう一つ、運用益が非課税になる点がある。

資産のうちどれを401kに割り当てるかは、ここから考えるといい。

運用益が非課税になるなら、リターンが多いものを割り当てたほうが得だ。

もし株式の運用益が多いと思うなら401kに割り当てるといい。

先に挙げた例で金融資産600万円のうち200万円を株式で運用したいのなら、401kの100万円は株式投信で運用するという選択になる。

株式の運用でおおむね効率がいいのは、国内株50:外国株50の比率だと私は考える。この比率でいくなら、株式200万円の内訳は国内株100万円、外国株100万円だ。

このうち401kに割り当てるのは外国株のほうだろう。

401kで扱う商品は、銀行で普通に販売されている商品に較べて手数料が安く設定されていることが多い。

普通に買えば信託報酬が割高な外国株投信も、401kだと思った以上に安いことがある。

こうしたものを選択できれば、国内株投信より手数料節約効果が高くなる。

為替リスクが高いわりにリターンが少ない外国債券型投信はやめたほうがいいだろう。

また、安定運用が売り文句のバランス型投信もおすすめできない。

リターンが少ないと401kの運用益非課税メリットが活かせないし、中身がわかりにくいうえに手数料が高いのも問題だ。

幕の内弁当の容器を高く買うようなもので、もし分散したいならそれぞれの商品を単品で買って自分でバランスよく組み合わせたほうがよい。

今年1月から、401kには加入者が自分で掛け金を上乗せして拠出する「マッチング拠出」が認められるようになった。

自分の会社にこの制度が導入されたら、節税効果のある貯蓄として活用できる。

60歳まで原則解約できず流動性がない、というデメリットはあるが、老後が不安で手数料の高い個人年金などに入るよりは、確実にメリットがある商品だといえる。

ここまで

企業年金401Kのお話です。

確定拠出のため、運用によって結果が異なることがリスクでもあり魅力でもあります。

しかし、現在の株価だと元本割がほとんどです。

しかし、記事の通りで今後をどうすることを意識することが必要です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月07日

厚生年金646人天下り、厚労相「好ましくない」 旧社保庁OBら

おはようございます

今日は出張中の福岡から更新です!

博多の空は曇っています

本日は「厚生年金646人天下り、厚労相「好ましくない」 旧社保庁OBら」についてです。

産経新聞より

ここから

AIJ投資顧問会社による企業年金資産の消失問題で、厚生年金基金に天下りした旧社会保険庁(現・日本年金機構)などのOBが、平成21年5月時点で646人に上ったことについて、小宮山洋子厚生労働相は6日、閣議後の記者会見で、「天下りがいたからこういう風なことが誘発されたと思われることは好ましいことでは当然ない」と述べた。

5日に設置したプロジェクトチーム(PT)で詳しい実態調査を行うとしている。

AIJ問題では、年金コンサルタント会社を経営していた旧社保庁OBが天下り人脈を利用して、同庁から転じた基金幹部らにAIJへの投資委託を勧誘するなど、天下りが被害を拡大させたとの見方が出ている。

PTは、年金局長をトップとして設置されたが、小宮山厚労相は「政治のほうで判断しなければいけないことが多い」として、来週にも、辻泰弘副大臣をトップに据えることを明らかにした。

ここまで

AIJの件は、企業年金全体にもいえる問題を含んでいます。

天下りの問題も同じです。

企業年金の運用にもっとメスが入ったほうが、いろいろなことが明らかになるでしょう。

ただ、制度を根本から見直さないといけないと考えられますが・・・



人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月03日

全国の厚生年金基金、8割が運用経験者おらず

おはようございます

3月になり、春を感じる季節となりました

ただ、この時期は花粉症の人は大変です・・・。

 

本日は「全国の厚生年金基金、8割が運用経験者おらず」についてです。

読売新聞より

ここから

全国の厚生年金基金のうち、資産運用の経験がある役職員がいない基金が約8割を占めることがわかった。

高利回りをうたったAIJ投資顧問に資産の多くを預け年金資産の大半を失う基金が続出した背景には、基金側の運用に関する知識が著しく劣っており、運用実態などを調べるといった対策が打たれていなかった可能性が高い。

厚生労働省は昨年、全国595の厚生年金基金(昨年3月末時点)のうち、資産規模などに応じて100基金を抽出して実態を調査した。

調査のきっかけは、運用に失敗し数百億円の赤字を出した基金があることが発覚したためだった。

調査によると、主に大企業が単独で設立する「単独型」と、グループ企業と共同で設立する「連合型」ですら、資産運用の経験者を役職員に採用していない基金が67%を占めた。

主に中小企業が集まって設立する「総合型」では82%に達し、全体の平均は79%だった。

ここまで

資産運用は難しいです。

そして、基金の8割がその経験者がおらず、運用されていたなんて・・・。

これから規制と監視が強化されるでしょう。

まだまだ厳しい問題ばかりです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月01日

中小の厚年基金、9割が積み立て不足

おはようございます

今日は晴天

気温も上昇の予報です。

そして3月がスタートしました。

いよいよ春ですね。

 

本日は「中小の厚年基金、9割が積み立て不足 」についてです。

日経新聞より

ここから

AIJの顧客に多い総合型の厚生年金基金は財政状況の深刻なところが多い。

積み立て不足を埋める資金がないため、解散も難しい。

AIJの高利回り投資に走った背景には、袋小路を抜け出すには運用で逆転を狙うしかなかった年金基金側の事情もある。

企業年金連合会によると、総合型の厚年基金のうち年金給付に必要な積立金を持っていた基金は9%だけ。

9割強が積み立て不足だった。厚年基金は公的年金の一部を代行運用するため、運用で損失を抱えると公的年金部分も穴埋めせねばならず、母体企業の負担は重くなる。

負担を逃れようと、2000年代に入ると企業が厚年基金を解散したり、代行運用のない確定給付企業年金に衣替えしたりする動きが広がった。

だが、解散も代行運用のない年金への衣替えも、まず積み立て不足の穴埋めが必要。

中小企業の集まる総合型の厚年基金は企業側にそんな余裕のないところが多い。

積立金が大幅に足りないため「財政危機」と厚労省が指定した「指定基金」の大半は総合型だ。

昨年12月7日時点でAIJ投資顧問に資金を委託していた81の厚生年金基金でも、14基金は厚生労働省の監視下にある指定基金だった。

14基金はすべて総合型だ。

総合型は参加する企業間の意見統一が難しいという構造問題も抱えている。

ここまで

厚生年金基金の厳しさが報道されています。

基金の積み立て不足が発生すると会社が補填しないといけません。

会社の負担が大きくなってしまうところもあります。

実際に支払が重くて、会社をたたんだところもあります。

しかし、9割が積み立て不足ということだと、かなり厳しいですね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 



utsumisr at 09:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブス
タグふれんず