401K

2011年09月12日

日本版401k、導入10年の試練 老後の安心に暗雲

おはようございます

今日も残暑が厳しいです

朝晩は少しひんやりですね。

 

本日は「日本版401k、導入10年の試練 老後の安心に暗雲」についてです。

日経新聞より

ここから

自分の運用成績によって年金の受取額が変わる日本版401kが10月、導入から10年を迎える。

加入者数は年々増え7月末に400万人を超えた。

サラリーマン全体の12%が加入している計算で、東証1部上場企業に限れば、導入率は34%(野村資本市場研究所調べ、4月末、他の企業年金との併用含む)に達した。

だが制度の急速な普及の裏側で、加入者の「3大リスク」も鮮明になってきた。

普及の背景にあるのが企業の運用難と会計基準の変更だ。

格付投資情報センター(R&I)によると、将来の給付額があらかじめ決まっている確定給付型の企業年金は、過去10年で5年、運用利回りがマイナスになった。

年金積み立て不足が膨らむなか、費用処理を迫られた企業が飛びついたのが401kだ。

401kなら企業は月々決まった額の掛け金だけ負担すればよく、追加負担が生じなくなるからだ。

年金運用のリスクを、企業が社員に移転する形で普及した401k。

加入者はどんなリスクを負っているのか。

 

「塩漬けリスク」

意外な盲点がこれだ。

転職や退職に際し、それまで積み立ててきた年金資産を転職先の401kや、個人型401k(加入資格があるのは自営業者ら)に移せるポータビリティーは401kの特徴。

だが利用に一定の条件があることが10年たってもあまり周知されていない。

このため掛け金を追加拠出できなくなったうえ、積み立てたお金を何十年も引き出せなくなった加入者が続出している。

ここまで

401Kの現実が見えてきました。

まだ、実施に引き出している人はほとんどいないでしょう。

となると結果が見えにくいのも事実です。

これからの行き先が不安です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月03日

確定拠出年金、加入400万人超す サラリーマンの8人に1人

おはようございます

台風は四国に上陸ですね

東京もまだまだ注意が必要です。

 

本日は「確定拠出年金、加入400万人超す サラリーマンの8人に1人」についてです。

日経新聞より

ここから

加入者自身が運用手段を選択し、成績に応じて年金の受給額が変わる「確定拠出年金(日本版401k)」の加入者数が400万人を突破した。

サラリーマンのおよそ8人に1人に当たる。

長期的な株価低迷などで運用環境が厳しく、企業が年金への資金拠出の負担を抑えようとしていることが背景にある。

厚生労働省の調べによると、確定拠出年金(企業型)の加入者数は7月末時点で400万6千人と、3月末から29万3千人増加した。

4カ月間の新規加入者の数は今年3月までの1年間とほぼ同じで、増加ペースは速まっている。

7月末時点の加入事業者数は3月末から489社増え、1万5117社となった。

税制適格退職年金が来年3月に廃止されるため、移行の際に確定拠出年金を選択する企業も多い。

今年に入り、従来、企業側が運用リスクを負って一定の給付を従業員に約束する「確定給付年金」を採用していたマツモトキヨシホールディングスが確定拠出型に移行。

企業年金制度がなかったぐるなびも新たに採用した。TDKやカプコンなどは適格年金の廃止に対応し、企業年金の一部に確定拠出年金を取り入れた。

今後も導入企業は増える見通しで、今年10月には日水製薬とカナモトが確定拠出年金に移行する予定だ。

確定拠出年金が普及する一方で、確定給付型の企業年金の加入者数は減っている。

3月末時点では1305万人で、10年前の2001年10月に確定拠出年金が導入されて以降、3割強減少している。

来年廃止される適格退職年金の加入者数は126万人と、前年度比で5割減少した。

株安などによる運用難で、3月末時点の上場企業の年金積立不足額は前年比4%増の9兆1294億円に拡大している。

確定給付型だと運用成績が改善しない場合、不足分を企業が穴埋めしたり、給付額を引き下げたりすることが必要となる。

企業は確定拠出年金を導入すると、財務上のリスクを軽減できるため、導入に踏み切るケースが多い。

年金が確定拠出になると、加入者自身が自分の年金運用に責任を持つ形になる。

ただ、日本では確定拠出という制度そのものや資産運用になじみのないサラリーマンも多い。

加入者が増えてきたことで、企業は社員向けの投資教育などに一段と配慮する必要がありそうだ。

国際基準にあわせた退職給付会計基準の見直しで、年金の積み立て不足を貸借対照表に負債として計上することが検討されていることも、企業の年金負担を軽減しようという意識を高め、確定拠出型の導入を後押ししている。

ここまで

確定拠出年金はなんだかんだ言っても広がっています。

この記事がそれをモノがたっています。

はやり、企業の積み立て不足のリスクが無いからでしょう。

運用もリスキーなものから堅実なものまでいろいろあるので、「確定拠出年金=リスキー」でもないでしょう。

この傾向は少しですが、上昇して行くでしょう。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 
 


utsumisr at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月14日

確定拠出年金、労組も運用監視 連合会が指針

おはようございます

今日はいい天気ですね

でも、寒い

いよいよ冬本格化です!

 

今日は、「確定拠出年金、労組も運用監視 連合会が指針」についてです。

NIKKEI NETより

ここから

企業年金連合会は、運用実績に応じて受給額が変わる確定拠出年金(日本版401k)について、新しい運営指針をまとめた。

労働組合が、同年金の契約先金融機関の選定や運用商品が妥当かどうか監視する仕組みを導入するのが柱。

労組と細かく協議する仕組みを導入することで、従業員が企業を提訴した場合のリスク軽減を見込む。

確定拠出年金は企業が契約先の金融機関や複数の運用商品を用意し、従業員が自分で商品を選んで運用する仕組み。

導入時は労使で運用商品の品ぞろえを協議するが、導入後の見直しでは労組が関与しない場合が多い。

ここまで

うーん。

JALの企業年金の問題があったからでしょうか?

いろいろな「目」がはいることはいいことだと思います。

しかし、自由度が減るのはこの仕組みではなじまないかもしれませんね。

導入商品のときは色々な話が出てもいいと思いますが・・・

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 08:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月18日

確定拠出年金、加入者の6割が元本割れ

おはようございます

今日はいい天気ですね

気温も暑くなりそうです

 

今日は「確定拠出年金、加入者の6割が元本割れ」についてです。

NIKKEI NETより

ここから

個人の運用次第で受給額が変わる確定拠出年金(日本版401k)の運用成績が悪化している。

日本経済新聞社が格付投資情報センター(R&I)と共同で運用状況を調べたところ、3月末時点で加入者の63%が元本割れになり、年利回りは4人に1人が10%以上のマイナスになった。

厳しい運用状況が続けば、老後に必要な資金を十分確保できなくなる懸念もある。

調査は確定拠出年金の運営管理業務を手がける大手3社の協力で今月初めに実施。

同年金に加入している約110万人を抽出して3月末の運用成績を調べた。

ここまで

おそらく、株安が原因でしょう。

特に昨年秋のリーマンショック以降は投資については厳しい状況です。

このことが響いているのでしょう。

とはいえ、確定拠出年金はリスクが伴う運用です。

それが、「ずばり」でた形となりました。

リスクを取らなければ、リターンが・・・

でも、老後資金の確保は大事です。

この問題は、いろいろなことを考えさせる問題でもありますね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月06日

確定拠出年金 加入300万人突破

おはようございます

今日は朝からカラット晴れています

久々の冬ばれですね

気分も上々です!!

 

今日は「確定拠出年金 加入30万人突破」をお送りします。

今日の日経新聞2009/2/6 経済面に記事がありました。

加入者の運用に応じて年金の受給額が変わる確定拠出年金制度の加入者が300万人を突破しました。

この数字はサラリーマンの10人に1人の割合です。

つまり、この制度を採用する会社が増えてきたのです。

2001年から採用されたこの制度ですが、7年を経過してようやく裾野が広がってきました。

当初は、中小企業が使いにくい制度、運用コストが高い制度ということでした。

しかし、色々な努力や法改正によって、だんだんではありますが加入者が広がってきたのです。

そして、導入は1万社を超えています。

最近では中小企業が加入しやすいように、色々な工夫もされています。

私の顧客でも「確定拠出年金に加入したい」という相談が多いです。

しかし、問題もあります。

その一番は「投資教育」です。

私たちは、投資に対する知識も知恵も乏しいです。

また、制度そのものの勝手の悪さもまだまだあります。

爆発的に加入者が増えていないのもこの点かもしれません。

今後の課題は山積です。

投資教育、運用商品の選定など・・・。

今後の法改正、制度運用の動きに注目です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年08月03日

401K向けの投資信託残高が増加

こんにちは

今日もいい天気ですね

最近疲れ気味なので、今日はゆっくりしています。

 

本日の日経新聞2008/0803の経済面で401K向けの投資信託残高が増えているという記事がありました。

現在の投資環境はあまりよくありません。

しかし、401k向け投資信託は前年度比8%増です。

これは、401k導入企業が約一万社、加入者が300万人と安定的に資金が入ってくることが大きな理由だそうです。

ただし、株価等の環境が悪いため、資産が10%以上も目減りしていることも事実です。

401kについては今後も導入企業は増えてくると思います。

ただし、リスク等もよく理解しないといけません。

投資環境がよければ、もう少し導入企業も増加していたのかもしれませんね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月30日

R25「そういえば日本版401Kって今、どうなってるの?」

おはようございます

今日は曇りですね

昨日と同じような天候でしょうか?

真夏の暑さではないですが、蒸し暑さはありますね!

 

今日は、本日配布されているR25にコメントしております401Kについてです。

「そういえば日本版401Kって今、どうなってるの?」これが今日のR25のお題です。

確定拠出年金について、わかりやすく説明しております。

「老後の資金を自分でつくらなければならない時代に対応した制度」

「税制の優遇措置が大きい」

などです。

年金問題は連日報道されていますが、2001年に401Kが法律で施行された後は、そんなに大きく報道されていませんね。

しかし、この制度、実は確実に加入者を増やしています。

最新のデータでは、加入者が200万人を超えたとの事です。

 

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 


utsumisr at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月29日

401Kの加入者が!!

おはようございます

今日の天気は下り坂

傘が必要でしょうか?

 

今日は401kについてです。

401Kとは確定拠出年金のことです。

これは60歳になったときからもらえる企業年金の一つです。

ご承知の通り、運用が自分でできるため、運用がうまく行けば運用益で多額の年金額となる可能性があります。

しかし、運用がうまく行かないと、元本割れの可能性もあります。

この制度ができて、すでに5年半が経過しています。

加入者はすでに250万人となっています。

企業としても、掛け金を拠出しておけば、その後の積み立て不足のリスクがありません。

現在、多くの企業が取り入れている確定給付型のものより、支給時のリスクが大幅に下がっております。

この制度、今後もじわじわと広がっていくでしょう!

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 06:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年06月27日

企業型401K!掛け金が個人負担OK!!

おはようようございます

今日はいい天気ですね

梅雨の晴れ間ですね!

洗濯物は今日中にやっつけましょう!!

 

今日は厚生労働省の企業年金委員会のお話です。

企業が導入している確定拠出年金(日本版401K)で、企業にしか認められていない掛け金の拠出金を会社員本人にも広げることを提言するとのことです。

これは、老後の所得保障を強化するのが狙いです。

日本版401Kは、加入している人が自ら掛け金を債券や株式で運用できる制度です。

そして、運用成績によって老後の年金額が変わる年金制度です。

企業型は現在、最大で4万6千円までしか、拠出できません。

アメリカの同様の制度では、加入者自らも拠出して、運用できる制度となっています。

日本も加入者の拠出制度の導入が期待されていました。

この提言はいつごろ現実化するのでしょうか?

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 

 



utsumisr at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月21日

401Kの歴史!!

おはようございます

暖かかったり、寒かったりで体調が崩れそうな気候ですね。

私も風邪気味です・・・。

 

今日は401Kの歴史についてです。

401Kの歴史はアメリカからです。

企業年金の積み立て不足に悩んだ企業が多くなった1970年代に登場したのです。

これにより

・掛け金の追加拠出がいらない

・節税メリット

・制度運用の負担軽減

などができ、多くの人から指示されました。

日本はアメリカから遅れること20年ぐらで登場です。

やはり、企業の積み立て不足が原因です。

日米の違いは従業員も掛け金を拠出できるか否かという点です。

日本では従業員の救出は認められません。

しかし、これから認めようという動きも出てきています。

 

昨年末にこっそりと作りました

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブス
タグふれんず