2015年02月16日

時代とともに上司部下のコミュニケーションが変化している

おはようございます

まだまだ寒い日が続きますが、日中、陽があると春を感じることが多くなりました

でも、花粉の季節でもありますね!


本日は「時代とともに上司部下のコミュニケーションが変化している」についてです。


かつて、日本企業の上司と部下の関係は、

「上司には絶対服従」

「上司は親身になって部下の面倒を見る」

「業務後の飲み会で密接な関係をつくる」

というような、濃い人間関係をベースに成り立っていました。



 

しかしこの関係は、時代の流れとともに変わっていきます。

 

成果主義の導入や景気の悪化に伴って、自らも現場の仕事をこなさざるを得ないプレーイングマネジャーが増加したのです。

 

優秀な営業マンがにわかマネジャーになるケースもありました。

 

常に数字を追いかけ、自分も成績を上げなければならないプレーイングマネジャーには、部下の面倒を見るゆとりがありません。

 

時には部下がライバルになることもあり、上司の悩みを深くしています。

 

 

コミュニケーションギャップも、上司と部下の関係を難しくしています。

 

大企業には曲がりなりにもピラミッド型の階層組織が存在し、さまざまな年齢の社員が層を成しています。

 

しかし規模の小さい企業では、五〇代のベテラン管理職のすぐ下に二〇〜三〇代の若手社員がいる、というケースも珍しくありません。

 

ゆとり世代やITの申し子のような若手と、ベテラン上司とでは、価値観も仕事のスタイルも違います。


この世代間ギャップが組織内のコミュニケーションギャップを生んでいます。


コミュニケーションの取り方が変わっても、「伝えること」「伝えなくてはならないこと」は変わりません。

この部分を押さえることが重要なポイントとなります。


人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net      



utsumisr at 07:35│Comments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず