2015年01月28日

働き方と働く時間について

おはようございます

本日の東京は晴天です

しかし、気温は低めでね


本日は「働き方と働く時間について」考えてみましょう。



働き方、働き時間、労働時間、ワークライフバランス、残業など・・・


働くことと労働時間、労働価値などについて、今一度考える時期に来ているのではないでしょうか?



昨日、出張帰りの新幹線の中でノートパソコン、タブレット、スマートフォンなどで仕事をしているビジネスマンを多く見かけました。


そんな中で、本を読んでいる人もいましたが、そんな姿に目を留めると、なぜか「懐かしい」気持ちになったのは、時代の流れが速いからでしょうか。


一昔前までは、通勤電車で、新聞、本、マンガなどを読んでいる人が多かったですが、今ではスマホ等の画面の上に指をのせて、メールを打っている人、ゲームをしている人、WEBを読んで切る人等、スマホやタブレットが大活躍です。


少し前までは、車内で「ぼーっと」している人も多かったのですが、今はその風景が異なります。

移動という「細切れの時間」が、生産性を高める時間となってきているのではないでしょうか?


実際に私も少しの電車移動でもスマホからメールをチェックしたり、また、スタッフに指示をしたり、クライアントに連絡したりと、いろいろできることがあります。

PCからしかメールが打てない時代では、オフィスの自分のデスクに座ってから初めてメーラーを開いてメールを読んで返信するということで、場所的な制約がかかっていました。

しかし、今は違います。時間の使い方が変化してきたのです。


(もっとも、便利になったからといって「それが幸せか」は別と考えられますが・・・)


空間、時間がインフラの発達や機器の進化でライフスタイルが変わってきたのです。


それに合わせた形で、労働時間や労働価値を考え直さないといけないでしょう。

もしかしたら、本当にオフィスが必要ない時代となるのかもしれません。

そして、それぞれの社員がプロとしての自覚を持って成果に対する責任をコミットする時代がすぐそこに来ているのかもしれません。



単に「法律を変えて、残業時間に対する支払いを免除する」というようなことではなく、もっと働き方、労働生産性についての議論が必要な気がします。


もちろん、ブラック企業対策は早急に必要でしょうが。




人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     

 



utsumisr at 11:09│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず