2014年12月17日

残業はなぜ減らない?

おはようございます

全国的に荒れ模様のお天気ですね

東京も寒いです


本日は「残業はなぜ減らない?」についてです。

 

年末が近づき、今年まで片づけなくてはならないことに仕事が追われ、なかなか帰れないという状況があるかもしれません。


特に今年は「ブラック企業」なる言葉も流行り、長時間労働は「日本の労働には欠かせない・・・」とも言われているのです。


「長時間労働を辞めよう」


「残業を減らそう」


等と声を上げていてもなかなか実行されません。



先日の日経新聞(2015122日)にも記事がありましたが、「日本企業はチームで作業をするので早く帰ったり休んだりしにくいという性格もあるでしょう」とのことです。


これは「付き合い残業」ということになりますが、なかなか変えられないのも事実です。



さらに、「長時間労働がやる気や忠誠心を示すシグナルとなる」ことも記事に記載されていました。


「古い考え方」と感じますが、実際にこの考え方が根強いのも事実です。


このように環境の要素が非常に高い長時間労働ということですが、国の取り組みとして、量的規制が上がっています。


これは、休日、休暇の取得を強化して労働時間の上限を設けることとしています。


このことを会社レベルで具体的に実施するとなると「強制的に社員を早く帰らせる」という方法でしょう。


ノー残業デイを設ける


事務所を強制的に閉じる


電気を消す


等でしょう。



実際に実行しているところもあるでしょうが、その効果はいかがでしょうか?


効率化を叫ぶと、なかなか難しいですが、まずは「外堀」から攻めることも大切でしょう。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     




utsumisr at 09:30│Comments(0)TrackBack(0)残業 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず