2014年12月11日

部下のモチベーションを上げるためには?

おはようございます

今日の東京は曇ったり、雨だったりと落ち着かないお天気です

気温は少し高めでしょうか?


本日は「部下のモチベーションを上げるためには?」についてです。

 

モチベーションは個人のものです。


だから、会社、社長、上司が「何とかする」ものではありません。


しかし、「何もしなくて良い」わけでもありません。


上司等は「将来、どのような展望となるのか」を見せる必要があるのです。


そして、その展望に共鳴してもらうことが社員や部下のモチベーションを上げる近道なのです。


組織に方向性、ビジョンがあれば、個人としても将来像を想像しやすくなるのです。


組織と個人の目的が統合されるということは、モチベーションが上がる最大の要因なのです。


しかし、言葉で言うのは簡単ですが、先の見えない時代に将来の展望、ビジョンを掲げることは大変です。



現在、特にビジネスに関しては不確実な要素が多く内在していて、「明日どうなるのか?」といった懸念もあります。


だからといって、「先を見せることができない」ことにはなりません。


最適化を目標として、その時その時を切り開くことがベターではないでしょうか。

 



よくモチベーションと報酬の関係性について聞かれることがありますが、これは周りの環境や条件によって変化するので、相関関係はないことはありませんが、これが全てということでもないでしょう。


給料が安い人が、給料が上がれば生活も変わるし、影響力も大きいですが、中間層以上の場合は、給料が上がるインパクトが給料の安い人と比べると低いし、もっと別のものを望んでいるケースもよくあるのです。


やる気を引き出すことはお金だけでもないし、展望だけでもありません。


しかし、だからと言って環境整備や条件アップをしなければ、部下は社員として機能しなくなってしまうのです。


こうならないためにも、将来の展望、賃金アップは必要と考えられます。

 



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     



utsumisr at 10:39│Comments(0)TrackBack(0)モチベーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず