2014年11月19日

情報の統制は難しい

おはようございます

東京は晴れていますが、寒くなりました

風邪も流行ってきましたね。

皆さん、気をつけましょう。


本日は「情報統制は難しい」についてです。


「うわさが噂を呼ぶ」


「人の口に戸は立てられぬ」

など、情報が流れる様はコントロールが効かないことを示しています。



これは、会社組織でも同じことがいえると思います。


昔の組織であれば、経営の上層部が情報を集め、その情報を吟味し、誰に渡すのかを慎重に考えて、渡していたのです。


そして、情報をコントロールし、管理し、操作して経営を行ってきました。


つまり、情報を囲っていたのです。


しかし、現在はインフラが発達し、経営層が知らない間にネットワークができているということもよくあります。



つまり、情報の囲い込みによる操作が難しい状況なのです。


この考えでの経営は現在の経営環境には難しく、情報そのものの選別は必要ですが、操作することは厳しいでしょう。


だから、情報共有を行うことが考え方の基礎にしないと先に進まなくなってくるでしょう。



そして、リーダーはその情報を「最適化」することが必要です。


情報という素材を料理して、必要なときに必要な形にすることが求められます。


具体的には「優先順位をつける」「具体化する」「いつ、どこで開示する」など、いろいろな形に加工する必要があるでしょう。


そして、メンバーに伝えていくのです。


また、メンバーから上がったものもよく吟味して、本質を捕え、加工する必要もあるかもしれません。


そして、情報の本質を共有することを意識しましょう。


囲いこみをして、コントロールはできません。


それであれば、共有して透明度に高い経営を心掛けましょう。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     



utsumisr at 10:08│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず