2014年10月14日

理不尽な考え方を理解する方法とは?

こんにちは

東京は台風一過となっています

南からの風で少し暑く感じます


本日は「理不尽な考え方を理解する方法とは?」についてです。


 

業務などで、社長、上司、取引先などから「理不尽」と思われる対応をされたことはありませんか?


そんな時、


「常識的には考えられない」


「間違った考え方をしている」


等と考えて、相手に対する理解を失ってしまいます。



まず、第一に「何で理不尽のようなことを言っているのか?」ということを考えることです。


この場合、言葉に裏にある意味を探るということがポイントとなります。


例えば、プロセスの説明が落ちているから、理不尽に聞こえてしまうことはよくあります。


この場合、言っている本人は「当然にわかっている」「前提だから・・・」と考えて、伝えていないことがありますが、言われた本人は「肝心なことが抜けている」ので、理不尽と考えてしまうのです。



しかし、これだけでは理解が厳しいかもしれません。


そんな時は「その人の背景や人生」を知ることで、価値観や考え方のルーツを知ることができて、理不
尽と思えることも納得しやすくなるのではないでしょうか。


そして、自分のことも伝えることが大切です。


ここまで来ると相互理解が深まり、「理不尽」と思えることが、「そうでもない」と思える状況になってくるでしょう。


いかがでしょうか?



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     



utsumisr at 11:23│Comments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず