2014年09月29日

会社の存在意義とルール

おはようございます

今日も秋晴れ

気温は少し高めですね


本日は「会社の存在意義とルール」についてです。、


 

雇用を生み出して、働く人たちを幸せにすることは経営者の重要な役割の1つです。


自分の経営によって社員が幸せになれば、社員から感謝されるし、経営者の考え方に共感も覚えるでしょう。


そして、経営者自身も高い使命感を全うした満足感が出てくるでしょう。


経営者に関して言えば、社員に限ったことではありません。


お客様や株主、会社にかかわる様々な人たちに利益を与えることが重要なポイントとなり、これが実現できた時に存続の意義、成長の跡、そして、達成感が現れるのではないでしょうか。




しかし、これらを実現するために重要なことは経営者が「何を感じて会社を経営しているか」ということが重要ではないでしょうか。


自ら定めた「使命」「ミッション」がとても重要なポイントとなり、それを実現するためには「どうしたらよいか」ということを真剣に考えることが大切です。


例えば、個人的な欲求での利益追求であれば、社員は「道具にしかすぎず」、感謝されることは少ないでしょう。



つまり、経営の動機の部分がとても大きいと考えられます。


さらに、法律、ルール、規範だけまもっていてもこの問題は解決しません。


例えば、法に抵触しなくても道徳的、社会的に非難される仕事や商売があります。


「法律で問題ないから、問題ないし、後ろめたくない」との話がありますが、果たして本当でしょうか?


これは人にもよりますが、心に「何か違う」と潜在的にでも感じていたら、社員を幸せにすることは厳しいでしょう。



だから、法律やルールよりも仕事に対する「意義」がとても重要になってくるのです。


多くの会社は継続を前提に動いています。


それを考えた場合、根底にある「意識」が大切と考えられます。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     



utsumisr at 10:44│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず