2014年08月22日

感情を意識せよ

おはようございます

東京は残暑が厳しいですね

外出する人は熱中症に気を付けましょう!!


本日は「感情を意識せよ」についてです。


 

ビジネスの世界では、物事を物理的に考え、理論で物事を進めることが望まれます。


これはある意味正解だと思います。


条件と条件、交渉事、新たなる提案等。


ビジネスでは条件と条件がぶつかり合い、論理と仮説に基づき物事が進んでいきます。



しかし、ビジネスを動かすのは私たち人間であり、私たち人間は「感情の生き物」です。


だから、感情を意識しないと交渉事などは上手くいかないのは当たり前なのです。


特に感情が作用すると「印象深くなる」とか「やる気がでる」とか「エネルギーに満ちている」という活力等がわいてくることが多いでしょう。


クライアントであれ、上司であれ、部下であれ、立場は異なりますが、人なので(当たり前ですが)機嫌の良い時も悪い時もあります。


そんな様子を知ることも交渉することで、条件が左右されることも少なくありません。



私は以前、上司の機嫌が悪い時に「とばっちり」を食らうことが良くありました。


相手の状況の理解不足ですかね・・・。


当時は「仕事なので、もっと真面目にやってほしい」と心から思ったのですが、今考えれば柔軟性も不足していました()


但し、感情的になることを推奨しているわけではありません。


一時の感情で余計な誤解が生じてしまうこともありますから・・・。



ただ、人は感情の生き物ということを基本的に理解しているだけでよいと思いますが、いかがでしょうか。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     



utsumisr at 09:31│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず