2014年07月18日

「意識を変えろ」と言って変えられた人がいますか?

おはようございます

まだまだ梅雨のお天気です

東京はどんよりしています。


本日は「「意識を変えろ」と言って変えられた人がいますか?」についてです。


 

昇格して管理職になった。


新入社員が入社してマネージャーになった


はじめての部下を持った



このように立場が変わったので、心持を変えないと仕事にならないことがあります。


特に新しくマネージャー等になった人たちは、「今まではプレーヤーだったのでしょうが、これからメンバーの教育、管理が重要な仕事である」と伝えても「何を変えればよいか分からない」となってしまうことが多いです。


確かに、「意識を変えろ」と言っただけでは「どうしたらよいかわからない」ですし、意識の重要性を理解できない場合もあります。


物事の視野を変えることは、自発的に変わっていくのが一般的ですが、受け身となってしまっては、自分を変えること(意識を変えること)は難しいです。


しかし、そんな中でも「具体的な行動を変える」ことをおすすめします。


行動を変えることは「誰にでもわかる」ことなので、実行しやすいです。




私は「朝に大きな声で挨拶をしたほうが良い」とサラリーマン時代に言われたことがあります。


この時はちょうど初めての部下を持った時でした。


そして「なんて時代遅れなんだ」と感じたのですが、しばらくして上司が「リーダーとして見本を見せることはもちろんのこと、朝に大きな声を出すと血流が活発となり、頭の回転が良くなる」と教えてくれたのです。



こうなると、単純な?私は毎朝大きな声を出してことを覚えており、結果的に部下への見本となったということがありました。


このことからも、「とりあえず行動してみて、その後に意識が勝手についてくる」ということが良くあるのです。



「意識を変えろ」といっただけでは何も変わりませんが、それを変えるのは「行動」することです。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     


 



utsumisr at 09:55│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず