2014年07月07日

働きたいと思わせる組織とは?

おはようございます

今日は七夕ですね

お天気は梅雨空ですが・・・


本日は「働きたいと思わせる組織とは?」についてです。


 

みんなが一所懸命に働いて、好業績を維持し、さらに将来に発展していく・・・。


こんな夢のような組織がありますか?


もちろん、働くことの動機や意義はいとそれぞれ違うかもしれませんが、みんな一所懸命で好業績で将来性も明るい組織であれば、誰もがその一員となりたいと考えるでしょう。


この中で一番大切なのは、「将来性」と考えるのは私だけでしょうか?


将来性が明るい組織、未来がある会社であれば、自ずと発展します。


先に「発展という安心」があれば、今が仮に苦しくても「間に進むこと」は苦ではないでしょう。



しかし、これとは逆で、今が良ければ「先はどうなってもよい」では、瞬間的な収入は多くても「不安が先立って」しまうのではないでしょうか?


今の状況も確かに重要です。


それよりも、将来性があって、それを単なる「夢」としてではなく、実現可能な未来として先に進むことが、「働きたい組織」と思います。


そのためには、組織の将来像を語れるリーダーにならなければなりません。


さらに理想の将来像から逆算して、今、必要なものを洗い出して、不足している経営資源の強化をすることで、目指す将来が「より」近づいてくるではないでしょうか。



具体的には、経営分析と目標の間を分析し、具体的な行動につなげることが大切です。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net     




utsumisr at 09:18│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず