2014年03月31日

悪い情報が来た時の対応について

おはようございます

今日は年度末ですね

明日から新年度です。

区切りの時ですので、心も新たに頑張りましょう!!


本日は「悪い情報が来た時の対応について」です。



 

会社や部署にとって「悪い情報」が届いた時の対応について考えてみましょう。


多くの場合は、部下やメンバーから入ってくることが多いかと思います。


その時、リーダー、上司としてやってはいけないことがあります。


それは、報告の内容で、報告したスタッフ等に感情をぶつけることです。


報告するスタッフも良い報告なら、気分よく報告できますが、悪い報告となると、緊張して発言しているでしょう。



まずは、悪い情報の報告を上げてくれたことをねぎらいましょう。


そして、極力対面で時間を作って情報を受け止めることが重要です。


メールや電話だけでは、受け止める人の主観が伝わりにくく、また、重要な事柄が落ちてしまうかもしれません。


もし、このような状況になったら、冷静に報告をしてくれたスタッフの考えも交えてよく話を聞きましょう。


推測、憶測を外して、事実は何なのかを追求する姿勢をとることです。


もし、さらに情報源に近いスタッフがいるのであれば、一番近いスタッフの話を重要視することが大切ですね。




人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net  
 



utsumisr at 09:29│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず