2014年02月03日

ハンドメイドの人事システム

おはようございます

今日は気温が高くなる予報です

寒暖の差を注意しましょう!


本日は「ハンドメイドの人事システム」についてです。

 

先日、同業者の研究会で人事コンサルティングの事例研究発表会に参加しました。


そこで気が付いたのは、コンサル側が提供するものと社員が作るハンドメイドのものとでは、その後の受け入れられ方に大きな差があるということでした。


もっと行ってしまうと、人事システムの寿命の違いが感じられたのです。


コンサルが提供するものは「スマートでわかりやすく、使いやすい」ものです。


しかし、社員巻き込み型で作成されたものは、その瞬間から「会社、社員のもの」となっているのです。


だから、社員がup-dateできるし、長く使えるものとなっていくでしょう。



「では、社員巻き込み型の人事制度をつくろう」となるのですが、ここはなかなか難関な壁がいくつも立ちふさがります。


まずは、会社の風土が関係しますので、いきなりプロジェクトメンバーを集めれば進むというわけではありません。


また、時間の制約がある場合は、予定通りにも進みません。


ファシリテイトする側は、ハンドリングがとても重要となってきます。


また、ゴールや定義を明確にしないと、ふらふらとした時間を過ごしてしまうので、常に意識してもらうことが大切です。


言葉で簡単に言うことは可能ですが、これはとても大変なことです。

最近は、現場でマネジメント側やこれからマネジメント側となる社員の方にお会いする機会も増えてきますが、今回感じたことを再度心に留めて、対応しないといけません。


人気ブログランキングに参加しています。



ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 



utsumisr at 09:12│Comments(0)TrackBack(0) 人事制度 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず