2013年10月29日

どんな人でも回せる組織

おはようございます

今日はお天気が下り坂

気温も低めですね!


本日は「どんな人でも回せる組織」についてです。


できる社員に頼らない組織を作るにはどうしたらよいのでしょうか?



まず、考えなければ「できる社員に頼らない」ことが大前提です。

できる社員は仕事のスキルも高いし、本人でなければわからないことも沢山あります。


そうなると、その人がいないと困る状況に陥ってしまいます。

これでは困るので、仕事のスキルややり方を人任せにしなしということ大切。


つまり、ルール化の徹底で、どんな社員が配属になっても一定のパフォーマンスが変わらないようにすることが大切です。


この場合は、仕事を分析して業務マニュアルの作成することをおすすめします。

業務マニュアルを作成して、誰にでもできることを標準化することで、「人に頼らない組織」とすることが、廻せる組織の作り方なのです。


もちろん、すべてが全て、社員個人に依存しない仕事などはありません。

しかし、多くの場合は「頼りすぎる」ことが仕事と人の結びつきを強くしたのです。

だから、この部分を標準化することで、人にヒモづく仕事ではなく、どんな社員でもマニュアルがあれば、こなせるようにして「仕組みにヒモづく仕事」となれば、誰でもできる組織となるのです。


まず、「仕組みにヒモづく仕事」となれば、社員の入れ替えが可能です。


それも、短期間の引き継ぎで、後任の社員に仕事を任せることが可能でしょう。


また、単に「業務の手順を伝えるだけではなく、その仕事の全貌、担当するパート、そして、最終的な目的をきちんと社員に伝えること」がとても重要なのです。


人気ブログランキングに参加しています。



ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net   


  



utsumisr at 08:17│Comments(0)TrackBack(0) 人事制度 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず