2013年08月15日

人の問題はなんとかなる?

おはようございます

今日も猛暑

毎日毎日、この温度だと体調が悪くなってしまいますね。


本日は「人の問題は「なんとかなる?」」についてです。


お金、新製品、取っておきの情報などは経営者は「価値」を見出していると見受けられます。


しかし、社員の問題となると「真剣味が足りない」と感じます。



これは、社員は「言うことを聞く」存在だからでしょうか?

それとも従順だからでしょうか?


中小企業の経営者に多いのですが、人の問題は「なんとかなる」と考えています。

それは、当事者である社員に「納得させる」事ができれば「とりあえず」の問題が解決するからと思っているからです。


しかし、これでは根本的な解決には至っていません。

例えば、残業代の未払いの問題、リストラの問題などは当事者だけではなく、周りの社員を巻き込んでの問題でと発展しがちです。



それから、人の問題の根本は「感情の問題」が大きいです。

感情の問題はルールや法律よりも、人を動かすパワーとなるのです。

そして、それに付随して法律や制度の問題も大きくなっていくのです。




さらに、会社と社員の問題は「話がこじれると」経済的な損失がとても大きくなります。

これは、単に給料の問題とは異なります。


損害賠償、遅延損害金など、もろもろを合わせると争い以上の金額はもちろん、ゼロが異なる桁の金額へと発展しがちです。


それだけとても重要な問題がはらんでいるのです。




人気ブログランキングに参加しています。


ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 



utsumisr at 09:54│Comments(0)TrackBack(0) 労使トラブル 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず