2013年06月20日

コミュニケーションは組織の血流です

おはようございます

今日は梅雨空

湿度も高くて、大変です。


本日は「コミュニケーションは組織の血流です」についてです。



忘年会に限らず、社内で飲みにいくことがあります。

また、一時期流行った成果制度の崩壊により、アフター5のコミュニケーションが見直されています。



つまり、ノミュニケーションですね。


このコミュニケーションは、


○ 教育の場


○ コーチングの場


○ 和みの場


○ ストレス解消の場


など、重要な意味を持つ場面であります。



 

しかし、1990年代から「カラオケ」が流行し始めました。

これにより、以前よりも「深い対話」が出来なくなったのです。



なぜならば、


上司「あの仕事のポイントというのは」


部下「あっ、僕の番です!!」


上司「・・・」


という状況もあり得るからです。



 

カラオケが無かった時代では、あり得ない話ですね。

この状況では、会話が成立しません。

だから、表面的なコミュニケーションが取れても、深い部分までは難しいです。



また、「裏の会議」と言われた喫煙室の存在も無くなりつつあります。


○ 喫煙者が減った


○ 建物自体で禁煙が多くなった


という理由です。


これは時代の流れです。

しかし、コミュニケーションが減った要素にもなっています。



さらに、外資系企業などでよく見られますが、
個人個人がパーテーションで区切られています。

これは仕事に集中できる一方、周りと分断されてしまいます。

これもコミュニケーションが減る一因ですね。



最近では、1階の共用スペースにリフレッシュコーナーがある場合もあります。

ここには、ソファーが置いてあり、誰でも使えます。


○ コーヒーブレイク


○ 内部のちょっとした打ち合わせ


○ 外部との打ち合わせ


など、気軽に人と話が出来るスペースもあるのです。



ここに行けば、


○ リフレッシュできる


○ 打ち合わせが気軽に出来る


○ 会議室の予定を気にせず、外部の人も呼べる


などのメリットがあります。


 

一昔前は、アフター5がポイントでした。

しかし、今はコミュニケーションの場を「意図的に」用意すべき時代です。



コミュニケーションの変化により、事務所のレイアウトも「意図的な」工夫が必要となります。

工夫といっても、多額の予算をかける必要はありません。


○ 社員の導線を意識した机のレイアウト、備品の配置の変更


○ 社員の座る位置を固定せず、フリーレイアウトにする方法


○ 社内で行なうBBQなどのイベント


などにより、コミュニケーションを活発にすることができます。

 


予算をかけなくても、こういうことから変化が生まれます。


○ 会社の雰囲気を変えたい


○ 社内のコミュニケーションが不足している


と感じたら、以上のことを試してみてください。


必ず、変化が見えてくるはずです。



コミュニケーションはとても重要です。



会社組織は人間で言えば
「会社のコミュニケーション = 人間の血の流れ」です。


血流が流れなくなれば、人は死んでしまいます。

会社組織も同じで、機能不全に陥ります。


あなたの会社は大丈夫ですか?



人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net

 



utsumisr at 08:17│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず