2013年05月31日

非常事態下のリーダーシップ

おはようございます

今日で5月も終わりですね!

東京は梅雨の晴れ間です

 

本日は「非常事態下のリーダーシップ」についてです。

平成23年3月11日に東北地方を中心に大きな地震が発生しました。

岩手、宮城、福島の3県を中心に大きな被害が発生しました。

さらに、この地震による大きな津波の影響で壊滅的な被害が発生しました。

また、首都圏も交通機関が麻痺し、鉄道はしばらく運行できず、都内でも帰宅難民が数百万人の単位で発生したのです。

 

この状況では、経営者、上司はリーダーシップを発揮し社員の安全確保に努めないといけないのです。

しかし、危機的な状況ではなかなか冷静に指揮を執るは難しいです。

実際に、大きな災害の時に瞬時の判断で「何をしたらいいのか」「どのように指示、命令を出したらいいのか」とっさには無理です。

そのためには、普段から災害の時にどのように行動し、どのように指示を出すか訓練をしておかないと意味の無いものになってしまいます。

 

これは、個人差があるということを前提にお話しますが、事態の大きさでパニックになってしまう人もいれば、冷静に判断できる人もいます。

社長や上司は常に全体を把握した行動をとらないといけません。

自分だけ逃げてしまうことがあった場合は、今後の事業運営に大きな影を落としたことになるでしょう。

 

また、一つだけ確かなことがあります。

それは、普段から「避難」「安全確保」「緊急事態の行動」を決めていないと、とっさの判断だけでは動けないということです。

仮に、個人で動けたとしても部下に対して指揮を執って指示することは不可能です。

 

先日の東日本大震災で、私の知り合いの会社が津波の被害を受けました。

建物への被害はとても大きかったのですが、社員誰一人とケガもせず避難できたのです。

この会社は、仙台港からすぐのところに水産加工物の加工工場を運営していました。

普段から火事、地震、津波などの天災を意識して避難訓練を行っていたのです。

 

後に工場長から聞いたお話では「普段訓練しているとおりに従業員に指示を出して、訓練どおりに避難しただけです」とのことでした。

工場、建物はとても大きな被害を受けたのですが、社員は誰も被害を受けていなかったのです。

従業員と自らの安全を考え、とっさの行動ができるのは「日ごろの訓練」だけです。

 

このことを心に刻んでおきましょう。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net

 



utsumisr at 09:19│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず