2013年05月29日

仕事は1人では出来ません

おはようございます

東京は曇り空

そろそろ梅雨ですね・・・。

 

本日は「仕事は1人では出来ません」についてです。

「仕事をすべて任せる」

これが大きな勘違いです。

すべてができる人材とは社長が望む人材かもしれません。

でも、このような人物は仮にいたとしても、その人は、自分で事業を行うような人達です。

もしかしたら強力なライバルかもしれません。

 

では、具体的にはどのようにしたらいいのでしょうか?

それは、社長の「片腕」を何人も作ることです

 

さっきの話と矛盾していると感じている方がいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。

 

仕事のすべてを任せる人がいないという話はしましたが、仕事の一部を任せることはかなりの人にお願いしても可能でしょう。

 

 

つまり、仕事のどこからどこまでの部分を任せるということを決めましょう。

 

たとえば、「営業での日常の売上管理と勤怠管理については、A君にかませよう」「次回のプロジェクト戦略の権限はB君に任せよう」といったことです。

 

 

仕事を細分化し、そのパーツ毎に「社長の代わり」をさせるのです。

 

そして、その仕事に対する責任を与えます。

 

ただ責任だけを与えるのではなく、同時に責任と同じぐらい力のある権限も与えましょう。

 

ここで、このバランスが悪くなると、「社長の代わり」は責任の大きさに潰されてしまったり、権限を悪用したりします。

 

この部分をきちんとケアし、仕事を任せていきましょう。

 

 

細分化し、「任せられている」実感がわけば、任せられた部下は自分のやり方や工夫を行い、仕事が進めていくことができます。

 

すると、今までは指示を受けていて仕事をこなしていたという「やらされ感」がありましたが、現在は自分自身で仕事を進めている実感が伴ってきます。

 

すると、本人の成長とともに仕事の量や質が加速していきます。

 

 

このようになることが大きな財産といえます。

 

人材の成長と仕事の加速が起こり、それが組織のいたるところで発生すれば、社員個人とともに、会社組織も大いに発展していきます。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net





utsumisr at 09:44│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず