2013年05月10日

自分の意見がいえない部下へ

おはようございます

今日も晴天

明日の土曜日はお天気下り坂のようですが・・・。

 

本日は「自分の意見がいえない部下へ」についてです。

私の周辺でもすぐに答えを聞きたがる人が増えています。

 

ビジネスの現場では、試験のように答えが一つだけであることはまずありません。

 

実際の場面では、いろいろな要素がからみあって、「どの答えが最適か?」なんてわからないのです。

 

だから、現場に即して考えることが重要なのです。

 

 

 

私の部下たちも、答えに窮すると、

 

「この案件はいくらの売価設定ですか?」

 

「この問題の結論は?」

 

などと、すぐに私に質問してきます。

 

 

 

しかし私は、あえて即答しません。

 

私が簡単に答えてしまっては、部下たちが自ら考えることを「放棄」してしまうからです。

 

考えて、考え抜いて、自分の意見を出せるまでにならないといけないのです。

 

でも、考えることを「面倒くさい」と考え、手っ取り早く回答を求める人は本当に多いです。

 

 

 

私たちは学校教育を受ける過程で、いろいろな問題を解いていました。

 

そこで答えを出して○か×をもらっていました。

 

この経験が今でも残っているのでしょう。

 

優秀な学生だった人ほど、この傾向が強いかもしれません。

 

 

 

さらに、優秀な学生だった部下は答えを「持ってくるのがうまい」です。

 

 

答えを手に入れるためにWEBで検索を行い、模範解答となる箇所を引っ張ってくるのです。

 

しかし当然ながら、この回答には本人の思考はまったく反映されていません。

 

というか、答えを見つける作業をしているに過ぎないのです。

 

 

 

仕事の現場では、答えがないことが多いうえ、模範回答がその現場に合致することは滅多にありません。

 

つまり、模範解答は現場で通用しないのです。

 

いかに現場で通用するかは、どれだけ考え抜いた結果なのか、という部分に対応してきます。

 

 

 

そこで、まずは自分で「能動的」に考える癖を付けるように、部下達に対して働きかけましょう。

 

そして、自分の意見を持つ大切さを理解させるのです。

 

 

 

自分の意見を出せるぐらい、考えさせることがポイントです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 10:29│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず