2013年04月24日

公平に部下を取り扱うことができますか?

おはようございます

今日は曇りのち雨

都内は雨が落ちてきました。

 

本日は「公平に部下を取り扱うことができますか?」についてです。

「あなたの部下で一番かわいがっている人は?」こんな質問をすると、上司の人は口をそろえて「そんな部下はいません」「みんな平等にあつかっています」という模範的な答えが返ってきます。

 

 

 

しかし、これは建前で本当は心の中では思い浮かぶ部下がいるのでしょう。

 

やはり、私たちは人間という感情の生き物です。

 

好き嫌いがあって当たり前なのです。

 

これを無理して、平等に扱うことがそもそも無理なことなのです。




しかし、平等に扱うことよりもいけないことがあります。

 

それは、主観を先行させ、部下にレッテルを貼ってしまうことです。

 

「あいつはこれぐらいしか、仕事ができないだろう」

 

「彼はこのぐらいの仕事は、朝飯前だろう」などです。

 

 

 

上司がレッテルを貼っていることは、部下も感じ取ります。

 

そして、そこで「不当な評価を受けている」と不満の芽が出てくるのです。

 

 

 

不満の芽が出てくると些細なことでも傷口が大きく広がることがあります。

 

ましては感情の問題となると、事の大小は関係なくなるケースが多いです。

 

仮に何らかの事柄で部下が上司に食って掛かってきたとしても、本当はその事柄は氷山の一角でその背景には色々な原因があるのです。

 

 

 

上司であるあなたは、このようなことになる前に部下とのコミュニケーションを図る必要があります。

 

ここは感情ではなくて、業務として考えましょう。

 

業務をコントロールする上司という立場では当たり前のことなのです。

 

 

「好き、嫌い」ということではなくて、上司と部下という対応では一律に部下に対して気持ちを動かすのではなく、コミュニケーションの量を一定に保つことがとても重要になってくるのです。

 

 

 

ここを押せれば、「上司からレッテルを貼られている」という感覚が少なくなるでしょう。

 

そして、コミュニケーションに深みが出てくるのです。

 

もし、上司であるあなたが、できない部下を会社から押し付けられたと被害者意識を持ってしまったら、それは大きな間違いです。

 

最初はできなくても、成長という財産を会社は与えてくれたのです。

 

そして、それに携われる喜びがあるのです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 09:50│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず