2013年04月18日

できる上司は「感情」をぶつける?

おはようようございます

今日も暖かい1日になりそうです

夏らしい?ですが・・・。

 

本日は「できる上司は「感情」をぶつける?」についてです。

 

どんな会社にも使えない部下は存在します。

そんな社員があなたの会社にもいませんか?

社長、上司から見て「売上、成果が上げられない」「経費だけがかかる」という社員は必ず存在します。

経営者なら思わず「給料ドロボー」と叫びたくなります。

面と向かって「お前は使えないなあー」と言ってしまうこともあるかもしれません。

こういった社員を放置しては、会社のためになりません。

本人のためにもなりません。

では、どう指導していけばいいのでしょうか。


 

私が昔、サラリーマンの時、当時の私には、部下が「給料ドロボー」に見えていた時期がありました。

 

なぜなら、「仕事はまだまだできない」「書類の体裁も悪い」、なのにもかかわらず「有給休暇はきちんと取る」「給料の不満も言う」という状態だったからです。



正直、私もストレスが溜まっていました。

 

そして、細かい事を11つ注意していたのです。

 

「書類を丁寧に作りなさい」「挨拶するときは、人の目を見なさい」「周りのことを考えて行動しなさい」

 

 

 

こうなると、注意する方もされる方もストレスが溜まります。

 

当然、お互いの関係も悪くなります。

 

 

「何で、こんなこともできないのか!」私はイライラし、感情が態度に出てきます。

 

すると、部下も私を避けはじめ、他の部下とコソコソ話すようになっていきました。

 

こうなるとコミュニケーションどころではありません。

 

本来は「きちんと仕事をして欲しい」というだけなのです。

 

しかし、仕事ができていないからこそ、お互いがイライラするのです。

 

 

ここまできてしまうと、「負のスパイラル」に陥ります。

 

そして、「有給休暇を下さい」と言おうものなら、「いい加減にしろ!」となってしまうのです。

 

この状態は最悪です。

 

後は平行線が続き、部下が辞めることになるだけです。

しかし、ここで、自分の気持ちを部下にぶつけたのです。

そうすると、考えすぎた部分や思い過ごしのことなどがあぶりだされて、お互いにいろんなことが解消したことがありました。

だから、注意は注意として、気持ちは気持ちとしてぶつけることがとても重要です。

そのためには上司としての小さなプライドを捨てて、部下に気持ちをぶつけることも大切です。

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 09:45│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず