2013年04月17日

「見て覚えろ」では人は育たず

おはようございます

今日の気温は25度ぐらいの予報です

春より夏?という気温です

 

本日は「「見て覚えろ」では人は育たず」についてです。

上司が「私のやることを見て覚えなさい」と言って、自分の仕事を見せて後はそのままというケースが良く見受けられます。

 

「見て覚えろ」は時代遅れと言われておりますが、実際はまだまだこのような教え方が現場では主流となっています。

 


実際に現場の手順、作業内容、交渉技術など学ぶところは沢山あります。

 

 

 

 

そして、上司や先輩から実際に盗むことも必要です。


しかし、このやり方だけではウマくいかないのも現状です。

 

まず、何のために現場で盗むのかがわからない場合が多いです。

 

もちろん自分が身につけろという意味でしょうが・・・。

 

何で身につけなければならないのかがわからないケースが多いのです。

 

つまり、仕事に対する目的が何なのか伝えられていないケースが多いのです。

 

現場の作業を、どんなに細かく見せても、それが何なのかわからなければ、その行動は無駄になってしまうのです。

 

 

 

それよりも、仕事がなんの一部で、どのパートを任されているかということを明確に伝えることが重要なのです。

 

もしこれを伝えなければ、「ゴールがわからないマラソン」と同じです。

 

マラソンはゴールがあります。

 

そして、ゴール目指して多くの人が走ります。

 

そのゴールの持つ意味合いはいろいろなものがあるでしょう。

 

ある人は、自分の目標タイムを切るために。

 

また、ある人は完走することが自分の目標です。

 

様々な人がいろんな想いでゴールを目ざします。



 

 

しかし、先には必ずゴールがあり、そのゴールまでの距離、配分等を考えて足を進めるのです。

 

 

 

仕事もまったく同じです。

 

目標というゴールが無ければ、そこへの道程、配分もわからないのです。

 

どんな心構えをして、何に取り組んでいいのかがわからなければ、優先順位もものの価値もぴんとこないでしょう。

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 08:54│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず