2013年02月25日

上司が変われば部下も変わっていく

おはようございます

今日は晴れ

しかし、気温は本当に寒いですね!

 

本日は「上司が変われば部下も変わっていく」についてです。

部下は上司を選べません。

 

これは当たり前かもしれませんが、会社組織と宿命と言えるでしょう。

 

私は多くの現場、多くの社員の方からこの言葉を聞きました。

 

しかし、上司も同じようなことを言います。

 

それは「いい部下がいない」と・・・。

 

これはお互いが「ないもの強請り」をしているとしか考えられません。

 

 

 

そして、このような不平が出る組織はなんとなくうまくいっていないケースがおおいでのです。

 

この原因は上司と部下のコミュニケーションの不全です。

 

この場合、まずは上司と部下のコミュニケーションの量を増やすことが重要なのです。

 

さらに上司が改善を考える場合、これは自分自身の認識を変えなければなりません。

 

 

つまり、部下への意識や対応を変えていかなければならないのです。

 

 

 

人は他人を変えたがります。

 

そのために規則を強化して制限をかけたりします。

 

 

しかし、実際は表面上、他人を従えさせたり、動かせたりしているように感じますが、本心は「しょうがないから動いている」というのが現状でしょう。

 

心の底から「会社のために」「上司のために」と考えるのであれば、その他人の意識が自ら変化しなければならないでしょう。

 

 

 

このことは上司にも言えることです。

 

上司が部下に対して「無いもの強請り」をしているということは、単に愚痴を言っているか、部下に何らかの規制をかけて自分の思い通りに動かそうとしていることです。

 

 

これでは部下が自ら動くことにはならないのです。

 

そのためにもまずは「部下が仕事をしやすいようにするにはどうしたらよいか?」を徹底的に考えて、そのための動きを上司自ら行動するのです。

 

そうすれば、部下が上司の想いにこたえようとして動き出すのです。

 

 

 

私の部下が「自分セミナー講師をしたい」と言ってきたことがありました。

 

彼女は人前でしゃべることに注力させ、そのほかの集客や進行や運営を私がセッティングしました。

 

こうなると彼女も自ら頑張って動くようになるのです。

 

 

そして「応援されている」と意識し自覚が芽生えてくるのです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net




utsumisr at 09:24│Comments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず