2012年06月22日

横浜国大、学生1割に留学義務付けへ 15年度メド

おはようございます

今日は雨

大雨の予報でしたが、午前中までのようですね。

 

本日は「横浜国大、学生1割に留学義務付けへ 15年度メド 」についてです。

日経新聞より

ここから

横浜国立大は全学部の定員の1割を対象に、入学直後から半年間の海外留学を義務付ける特別枠を導入する。

大学入試で磨いた英語力が落ちないうちに留学を促し、国際感覚のある学生を増やす狙い。

2014年度をメドに入試制度を変更し、15年度入学の学生から実施する方針。

東京大などで秋入学の検討が進む中、独自策で大学間の国際競争に備える。

教育人間科学、経済、経営、理工の4学部を合わせた計1662人の定員のうち、100〜160人を一般入試とは別に英語力を重視した選考とする。

全学部で入学直後に留学を義務付ける試みは全国の大学で初めてという。

新制度は、4月に入学してすぐにアジアや豪州などの協定校に学生を半年間留学させる。

通常の留学よりも英語を中心にした授業時間を大幅に増やし、従来約2年かけていた一般教養の単位を留学先で修了できる仕組みを作る。

現地の大学で対応できないカリキュラムがある場合は衛星通信で授業を配信するほか、教職員を海外に派遣し授業を補うことも検討している。

帰国後の10月からは、通常の専門科目とともに外国人留学生との合同授業を開く。

授業は主に外国語を使い、討論をしやすいグループ単位で各国の都市政策など専門分野の学習を促す。

留学費用については「渡航費と現地の生活費だけは学生に負担してもらう」(国際課)としている。

4年次には就職活動に専念できるよう、学生の希望に応じ卒業時期の半年前倒しも選択できるようにする方針。

2〜3年次に専門科目の必修科目が集中する横浜国大では、秋入学で海外からの帰国が遅くなるため就職活動に不利に働く懸念から留学をためらう傾向があった。

今後は外国人留学生の数も増やすため、来年度から日本語による試験を課さない受け入れ制度を創設する方針で、大学間の国際的な競争に対応する考えだ。

ここまで

大学にも国際化の流れが来ています。

そして、横浜国立大学はとても現実的ですね。

他の大学も後追いするのではないでしょうか?

楽天ではこの7月から社内公用語が本格的に英語になります。

じわじわと国際化の波が来ていますね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net



utsumisr at 08:38│Comments(0)TrackBack(0) その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず