2012年02月13日

所在不明の年金受給者、家族の届け出義務化

おはようございます

今日も晴れ

夕方から雨の予報ですね。

 

本日は「所在不明の年金受給者、家族の届け出義務化」についてです。

日経新聞より

ここから

死亡した高齢者に年金が支給された例が相次いだため、厚生労働省は不正受給を防ぐ対策をまとめた。

高齢の受給者の生存を確認しながら、所在がわからない高齢者と同居する家族には、日本年金機構への届け出を義務付ける。

国民年金法などの改正案を今国会に提出する。

同居する家族が受給者の死亡している場合や、連絡がつかないにもかかわらず、年金の支給が続いていた例が続出して問題になった。

厚労省は所在不明の届け出を家族に義務付ければ、不正受給をある程度防げると考えている。

現在、日本年金機構は2010年7月時点で76歳以上で、1年間医者にかかっていない約33万人を対象に、生存を確認する調査をしている。

75歳以上の後期高齢者医療に入っていない受給者についても、一定期間ごとに確認する計画だ。

そのうえで、所在がわからない年金受給者については、同居家族に対し、所在を確認する届け出を出すように求める。

さらに年金受給者本人にも生存確認のための書類を送って、返信がなければ年金の支給を止める。

ここまで

これは当たり前ですね。

今までがまずかったのです。

きちんとして、費用のかかる調査を抑えればよいのですが・・・。

年金制度の信頼回復に努めてもらいたいです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:59│Comments(0)TrackBack(0) 公的年金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず