2011年09月21日

ジョブカードに学生版 政府方針、中小企業就職を支援

こんにちは

今日は台風が接近中

帰りの足が心配です。

 

本日は「ジョブカードに学生版 政府方針、中小企業就職を支援」についてです。

日経新聞より

ここから

政府は2012年度から、学生向けジョブカードを導入する。

フリーターなどの非正規の若年労働者が主だった対象者を就労前の学生に広げる。

導入に向けて年内にも早稲田大や学習院大などで実証実験し、学生向けの標準的な形式を作る。

歴史的な円高や経済活動の低迷で学卒就職は依然厳しい状況にある。

学生の就職活動に役立つ道具を準備することで、就職を支援する。

ジョブカードはアルバイトや派遣の仕事が多い若者向けに作った職務の経歴書。

ハローワークでキャリアコンサルタントと話しながら、自分の職業能力などを整理して作成する。

今までのジョブカードは職務経歴が主な項目だったため、現役の学生は使いにくいという問題があった。

学生版には、学校で学んだ項目や卒業論文のテーマ、就業体験やサークル活動で学んだことなどを記載できるようにする。

大学の授業やキャリアセンターで職業観を養いながらカードを作れるように導入プログラムも開発する。

ジョブカードの活用で学生が中小企業に就職しやすくなる利点がある。

大企業はエントリーシートなどで学生の特徴を把握するが、中小企業は学生の採用ノウハウに乏しく、一方の学生も中小企業に自分の特徴を売り込みづらいという問題が生じていた。

学生版ジョブカードはこういった課題を解決し、新卒の労働市場で生じているミスマッチの低減も期待できる。

08年度から10年度までに累計45万人がジョブカードを取得済み。

政府は新成長戦略で、若年雇用対策の目玉として20年までに300万人の取得者を目指している。

ここまで

学生もハローワークをもっと活用したほうが良いと思っていたので、これはGOODですね。

中小企業への就職にも流れができそうです。

さらにジョブカードが使いやすくなるというのはベターです。

今後に期待です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 14:36│Comments(0)TrackBack(0) 就職 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず