2011年06月28日

サラリーマンの小遣い月額3万6500円 バブル崩壊後最低に

おはようございます

今日も梅雨空ですね

まだまだ傘が手放せません。

 

本日は「サラリーマンの小遣い月額3万6500円 バブル崩壊後最低に」についてです。

産経新聞より

ここから

サラリーマンの小遣いの月額平均が昨年に比べて4100円減の3万6500円となり、バブル崩壊後の最低額となったことが27日、新生銀行系ノンバンク「新生フィナンシャル」の調査で分かった。

小遣いの減少は4年連続で、昼食の弁当持参や飲み代の節約など、サラリーマンの努力が続いている実態が浮き彫りとなった。

小遣いの減少に伴って、昼食の1週間のうち「弁当持参」は1・84回となり、昨年から0・34回上昇。

「購入した弁当」「社員食堂」「外食」を抑え、昨年に続きトップだった。

2007年から10年までは500円台だった昼食代は490円となり、昨年から10円減った。

また、2009年には6千円以上だった1回当たりの「飲み代」は3540円と昨年から650円減少した。

理想の小遣い額は昨年と同額の6万1300円。

ただ、実際の小遣いは減少しており、現実とは2万4800円も開いた。

小遣いが足りないときは「使わずに我慢する」が60%を占め、トップだった。

調査はインターネットを通じて4月23、24日に実施。

20〜50代のサラリーマン約1千人から回答を得た。

ここまで

厳しい時代の現れですね。

お小遣いは景気の影響を受ける最初のものなのです。

しかし、そろそろ工夫で対応できる範囲ではなくなっているのでは・・・。

厳しい時代です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。




utsumisr at 07:51│Comments(0)TrackBack(0) その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず