2011年03月28日

新入社員は自宅待機 各社「復旧を最優先」

おはようございます

今日はいいお天気ですね

朝晩はまだまだ寒いです・・・。

 

本日は「新入社員は自宅待機 各社「復旧を最優先」」についてです。

河北新報より

ここから

東北の企業で、ことし春採用の新入社員を自宅待機とするケースが増えている。

被災営業所の復旧を最優先させることなどが理由で、一部の企業は入社時期が1年後にずれ込む可能性を口にする。

来春の採用活動の延期を決めた企業も多く、影響は新卒者だけでなく、来春卒業の学生らにも及びそうだ。


機械工具商社の植松商会(仙台市)は新入社員2人の4月入社を延期した。

岩手、宮城、福島3県の5営業所が被災して業務を中止。

一部は再開したが、担当役員は「余剰人員が生じる可能性がある」と説明する。

内定は取り消さないが、入社が1年程度ずれ込む可能性もあるという。

3人程度を見込んでいた来春の採用計画についても「見通しが立たない」とため息をつく。

包装資材卸の高速(仙台市)も新入社員17人に自宅待機を連絡した。

同社は「赴任予定地が被災地となった新入社員もおり、引っ越しがままならない」と語る。

藤崎も今月31日の入社式を延期し、一時的な自宅待機とする方針。

スパリゾートハワイアンズの営業を見合わせている常磐興産(いわき市)も、福島第1原発事故などを踏まえ「新入社員は自宅待機になる。いつまでかは分からない」としている。

来年4月入社の新卒採用でも、選考開始を先延ばしする動きが出ている。

ホームセンターのダイユーエイト(福島市)は、4月までに予定していた6回の会社説明会と1次選考を延期した。

「被災店舗の復旧対応を優先させた」と言い、4月下旬にも再開する方向で検討している。

来春に310人程度の採用を計画している東北電力は、4月1日以降の選考を当面休止することを決めた。

再開時期は「公共交通機関の復旧状況を見て判断する」としている。

他にドラッグストアの薬王堂(岩手県矢巾町)や食品スーパーのヤマザワ(山形市)、東邦銀行なども採用試験の延期を発表。

家電量販店「ケーズデンキ」を展開するデンコードー(名取市)も3、4月に予定していた採用セミナーの延期や中止を決めている。

ここまで

現在の状況を考えると、やむをえない措置ではないでしょうか。

現在は、まだ混乱の中ですが、今後に不安です。

新入社員も同じではないでしょうか。

しかし、まだまだ先が見えにくい状況です・・・。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:13│Comments(0)TrackBack(0) 就職 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず