2011年02月23日

失業者支援事業の実態調査 厚労省、不正受給問題受け

おはようございます

今日もいい天気ですね

花粉が飛んでいますが・・・

 

本日は「失業者支援事業の実態調査 厚労省、不正受給問題受け」についてです。

日経新聞より

ここから

栃木県の社団法人「職業能力教育協会」が国の失業者支援事業で不正受給していた問題を受け、細川律夫厚生労働相は22日、閣議後の記者会見で「実施訓練をしている全国の機関を訪問調査するように指示した」と述べ、実態調査に乗り出したことを明らかにした。

実施訓練を受けていないのに訓練費や生活費を受けている失業者がいないか確認する。

同事業は雇用保険の受給資格のない人などを対象に職業訓練を実施し、生活費も支給する制度で、麻生政権の補正予算で2009年7月から始まった。

だが栃木県の同協会は出席日数が足りない人の受講日数を水増しし、13人分の訓練費計130万円と、5人分の生活費計160万円を不正受給していた。

ここまで

不正受給はいけません。

本当に受け取るべき人に助成金は流れないと意味がありません。

不正はいつかはばれてしまうので、やめましょうね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 07:20│Comments(0)TrackBack(0) その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず