2011年02月21日

「未内定者の追加採用を」文科相ら、247経済団体に要請書

おはようございます

今日もはっきりしないお天気ですね

明日はお天気よさそうです

 

本日は「「未内定者の追加採用を」文科相ら、247経済団体に要請書 」についてです。

日経新聞より

ここから

今春卒業する大学生のほぼ3人に1人が就職内定を得ていない状況を受け、高木義明文部科学相は16日、厚生労働相と経済産業相との連名で、247の経済団体に対し、今年度中の追加採用を求める要請書を提出した。

学業の妨げにならないよう採用活動の開始時期を遅らせることも求めた。

要請書は、文科省で同日開かれた新卒者の就職問題を話し合う産官学の懇話会で経済団体側に渡された。

2012年3月の卒業予定者の採用枠拡大や、卒業後3年以内は新卒枠で扱うことも要望した。

今春卒業予定の大学生の昨年12月1日時点の就職内定率は68.8%で、現在の方法で統計を取り始めた1996年度以降で最低。

政府は未内定者を雇用した企業への奨励金の支給や、中小企業を中心とした就職面接会を大幅に増やすなど、卒業前の集中支援に取り組んでいる。

採用活動の開始時期を巡っては、日本経団連が現状より約2カ月遅い大学3年の12月以降とする案をまとめたが、大学団体側は「学業に影響する」として3年生の試験終了後の春休み以降にすることなどを求めている。

ここまで

今までの「新卒」とこれからの新卒の概念が変わりそうです。

時期の問題で今後は活動が遅くなりそうです。

しかし、内定率の低さは今後も継続しそうですね。

ただ、企業に採用させろといっても、景気回復をさせないと問題です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 07:00│Comments(0)TrackBack(0) 就職 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず