2011年02月20日

ジョブカード取得、全求職者に促す 公的訓練で厚労省方針

こんにちは

はっきりしないお天気ですね

そろそろ花粉の時期です。

花粉症の人は対策を!

 

本日は「ジョブカード取得、全求職者に促す 公的訓練で厚労省方針 」についてです。

日経新聞より

ここから

厚生労働省は4月から国が実施するすべての公的訓練で、職歴などを明記したジョブカードの取得を求める方針を固めた。

これまでは正社員経験の少ない非正規労働者らを対象に取得を促していたが、今後は正社員で失業した人や転職希望者などすべての求職者に活用を求める。

身につけた技能をアピールしやすくし、訓練後の就職率を高める狙い。

ジョブカードは職歴や取得資格などを書き、就職活動で活用できる書類で2008年に導入された。

自分の持っている強みを明確にできるため採用者に伝えやすい。

希望すれば誰でも取得でき、取得者数は10年12月末で約39万人に上る。

4月からはジョブカードの取得を求める訓練対象を経理や販売事務のほか、パソコン操作などの訓練に広げる。

ここまで

スキルを図る基準となるのでしょうか?

果たしてどこまで効果がでるのか?

今後に期待ですね!

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 11:35│Comments(0)TrackBack(0) 就職 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず