2010年08月22日

新卒実習に助成金 政府、雇用支援で特命チーム

おはようございます

今日も暑くなりそうです

昨日と同じぐらいの気温です。

水分を取りましょう

 

本日は「新卒実習に助成金 政府、雇用支援で特命チーム 」についてです。

日経新聞より

ここから

菅直人首相は21日、円高・経済対策に関して「週明けにはいろんな意見をまとめ、経済対策をとりまとめる段階に努めていきたい」と述べ、策定を急ぐ考えを示した。

対策の柱である新卒者の雇用支援を巡っては、寺田学首相補佐官を中心とする特命チームを新設し、24日に初会合を開くことを明らかにした。

京都市内で記者団に語った。

具体的な対策として、経済産業省はパソナや学情など大手人材会社と組み、就職が決まらないまま大学や高校を卒業した若者が中小企業で6カ月間、インターン(職場実習)として働ける機会をつくる方針だ。

実習中は双方に助成金を出す。

採用活動が限られる中小企業と、大企業に目が向きがちな若者とをつなぎ、新たな就業機会につなげる狙い。

対象は1万人で、総事業費は200億円程度の予定。

実習生は日額7000円(月最大14万7000円)、受け入れる企業は日額3500円(月最大7万3500円)の助成金を受け取る。

期間終了後、互いに採用・就職の義務はなく、実習生は期間中も自由に就職活動を続けられる。

経済対策に盛り込む若者の就職支援策は厚労省も検討中。

新卒者を試験雇用(最長3カ月間)する企業に対する助成金を増額するなどで、就職の機会を増やす。

首相は週明けに野田佳彦財務相とも協議したうえで、円高・経済対策の策定に着手する。

9月14日の党代表選前に骨格を示し、同月下旬に決める考え。日銀の白川方明総裁との会談は今週中で調整している。

ここまで

この制度を利用すれば、多くの中小企業、学生が活性化されるのではないでしょうか。

なかなか動けない中小企業、学生の架け橋になればいいのですが・・・。

企業側でも「人不足」で悩んでいるところは多いです。

ただし、雇用のミスマッチは気をつけないといけませんね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 07:33│Comments(0)TrackBack(0) 助成金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず