2010年03月31日

厚生年金基金 給付額、収入超す勢い

おはようございます

出張2日目です!

長崎から更新です

 

本日は「厚生年金基金 給付額、収入超す勢い」についてです。

日経新聞より

ここから

厚生年金基金の「高齢化」が進んでいる。2008年度は年金を受け取る人が2年連続で増える一方、保険料(掛け金)を払う加入者数は11年連続で減った。

その結果、収入に対する給付額の割合は過去最高の92.6%となった。

全体の約4割の基金では100%を超え、積立金を取り崩して給付している。

団塊世代の年金受給が本格化しているため、09年度は全体でも100%を突破する公算が大きい。基金の運営は一段と厳しくなりそうだ。

厚生年金基金は将来の年金額をあらかじめ決めておく「確定給付型」の企業年金制度の一つ。

公的年金の2階部分にあたる厚生年金を取り込んで一体運用する形態だ。

1997年ごろには全国で約1900基金あり、加入者は1200万人を超えていた。

その後は運用環境の低迷で維持が難しくなり、確定拠出年金などに移行する例が続出。

08年度末時点の基金数は609に減った。

ここまで

厚生年金基金が厳しいです。

このままでは、制度維持が厳しいです。

時代の変化に対応できなかったのではないでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 
 


utsumisr at 07:30│Comments(0)TrackBack(0) 企業年金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず