2010年03月27日

<障害者雇用>法定雇用率を大幅に下回った7社を公表

おはようございます

今日は雲が多いですね

でも予報では雨は降らないようですね。

 

本日は「<障害者雇用>法定雇用率を大幅に下回った7社を公表」についてです。

毎日新聞より

ここから

厚生労働省は26日、障害者雇用促進法に基づく勧告や一連の指導にもかかわらず、障害者の雇用率が法定雇用率(1.8%)を大幅に下回ったままの7社の社名を公表した。

▽コンピューター販売の「日本ICS」(大阪市)

▽技術者派遣の「インクスエンジニアリング」(東京都中央区)

▽美容業の「ビューティトップヤマノ」(同)

▽足裏マッサージサロン経営の「RAJA」(同)

▽情報通信サービス業の「日本サード・パーティ」(港区)

▽靴販売の「アカクラ」(世田谷区)

▽情報処理サービスの「関越ソフトウェア」(川崎市)

日本ICSは07年6月にも公表されているが、昨年12月時点でも雇用率は0.59%。

他の6社も今年1月時点で0〜0.71%と大幅に下回っていた。

ここまで

社会的責任が果たされていないtとのことで発表でしょうか。

厳しいと感じますが、決まりですから。

改善して欲しいですね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 09:45│Comments(0)TrackBack(0) その他 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず