2010年01月30日

外国人労働者数56万人

こんにちは

今日も暖かくていい天気です

まさにお出かけ日和ですね!

 

本日は「外国人労働者数56万人」についてです。

日経新聞より

ここから

厚生労働省は2009年10月末時点の外国人の雇用状況をまとめた。外国人労働者数は56万2818人だった。

国籍別にみると、中国人が24万9325人と全体の44.3%を占め、最も多かった。

留学後も日本で就職する中国人が多いとみられる。次いで、ブラジル人10万4323人(18.5%)、フィリピン人4万8859人(8.7%)の順だった。

07年に施行された改正雇用対策法に基づいて外国人の雇用状況を集計している。

外国人を雇う事業所は国に雇用状況を届け出なければならない。

産業別では最も多いのが「製造業」で21万8900人と全体の38.9%だった。

次いで、「サービス業」の7万4080人(13.2%)、「宿泊業、飲食サービス業」の6万3755人(11.3%)が続いた。

事業所の規模別でみると、約4割が従業員50人未満の事業所で働いている。

ここまで

まさに多様化、ダイバシティーですね。

外国人労働の数は、今後増えていくでしょう。

文化の違い等でトラブルにならないようにしないといけませんね。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 12:44│Comments(0)TrackBack(0) 就職 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず