2010年01月23日

雇用者報酬、4年連続で減少

おはようございます

お天気は晴れ

しかし、寒いですね!

 

今日は「雇用者報酬、4年連続で減少」についてです。

日経新聞より

ここから

政府は22日の閣議で、2010年度の経済見通しを決定した。

国内総生産(GDP)は物価の影響を除いた実質が前年度比1.4%増、実感に近い名目は0.4%増と、3年ぶりのプラス成長を見込んでいる。

ただ賃金の総額を示す名目雇用者報酬は0.7%減と、4年連続のマイナスを見込む。

デフレ進行や非正規雇用の増加を背景に、一人あたりの賃金の減少が続くとの予測だ。

政府経済見通しについては、昨年12月に成長率などの大枠を閣議了解済み。

今回は公共投資や雇用者報酬など細部も含めて正式決定した。

政府予算案を踏まえた10年度の公共投資は、実質が9.5%減、名目は9.8%減の見通し。

実質、名目ともに04年度に次ぐ過去2番目の下落幅になる。

鳩山政権の「コンクリートから人へ」との方針を基に、公共事業を大幅に削減したうえ、09年度の補正予算で多額の公共投資を盛り込んだ反動もある。

ここまで

デフレ傾向ですが、まだまだ続きそうです。

改めてみると経済が良くないですね。

給料が「どんどん」下がっているようです・・・。

厳しさは相変わらずです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 07:24│Comments(0)TrackBack(0) 賃金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず