2009年03月20日

トヨタが6年ぶりに採用を半減

おはようございます

今日はお天気が荒れ模様です

午前は雨

午後は晴れ

の予報ですね。

気温は昨日ほどではありませんが、まだ暖かです。

 

今日は「トヨタが6年ぶりに採用を半減」についてです。

産経新聞より

ここから

トヨタ自動車は19日までに、平成21度の採用計画(新卒は22年4月入社)を半減する方針を固めた。

20年度見込みの3629人に対し、約半分の1800人規模に減らす方向だ。

2000人を下回るのは15年度の1900人採用以来6年ぶり。

かつてない規模での自動車不況の中で、採用を抑えて固定費削減を図る。

トヨタはIT(情報技術)バブル崩壊による不況の影響で、12年度〜13年度で1500人規模に採用を大幅抑制した。

景気が回復してきた16年度以降は、2000人を超える大量採用に乗り出した結果、年齢別人員構成がいびつになっている。

技術などのノウハウ継承にも問題があるとして、今年度連結で3500億円の最終損失計上と、過去最悪の業績になるものの、採用抑制は12年度レベルまでは落とさないことを決めた。

ここまで

自動車業界のリーディングカンパニーも苦しい状況が見えています。

このことは、企業の構造そのものにもメスが入っているとも考えられます。

採用を控えることは、将来性を狭めることと同義語です。

しかし、それ以上に厳しい現実があるのでしょう。

コレは企業の外からではわかりませんね。

他の会社も追随するのでしょうか。

今後に注目です。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。


 



utsumisr at 04:54│Comments(0)TrackBack(0) 就職 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず