2009年03月15日

派遣切りについて

こんばんは

今日はいい天気でしたね

明日からしばらくはお天気が安定するとのことです。

 

今日は「派遣切り」についてです。

時事通信より

ここから

厚生労働省は12日、全国の労働基準監督署や労働局を通じて解雇にかかわる指導を実施した企業数が昨年12月からの3カ月間で2250社に達したとの集計結果をまとめ、与党の会合で公表した。

中でも、指導した企業の約7割に当たる1525社が派遣労働者に関するもので、安易な「派遣切り」が横行している実態が改めて浮き彫りになった。

この指導は、昨年三月に施行された労働契約法に基づき、初めて行われた。

1525社のうち、契約期間中にもかかわらず、安易に解雇または解雇を予定していた企業は932社。

また、期間従業員ら有期契約に関する指導は364社で、うち155社が中途解雇に関するものだった。

一方、正社員に関する指導は618社で、約6割に解雇以外の方法を検討するよう指導した。 

ここまで

状況としてはかなり悪いです。

派遣が雇用調整に使われているのも事実ですが・・・

このままでいいのでしょうか?

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 22:26│Comments(0)TrackBack(0) 労使トラブル 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず