2008年06月25日

新人教育は

おはようございます

今日は曇りでしょうか

はっきりしないお天気ですね!

こんな日はどんな傘を持つか悩むところです!

 

今日は新人教育についてです。

新人は、まだ色に染まっていないところが魅力です。

つまり、あなたの会社色に染めることが可能です。

しかし、これは良い部分も悪い部分も染まりやすくなっています。

そして、新人が社会にでて、最初に接する企業の教育が後の本人が社会人として育つ資質となっていくのです。

よって「三つ子の魂百まで」ではないですが、この時期は重要な時間です。

きちんとしたビジネスマナー、ロジックで考える方法、相手に伝わる話し方など伝えることは山ほどあります。

これを怠ると、せっかくの「金の卵」が社会で機能しないことになるのです。

しかし、最近の企業の流れとして、安易に「即戦力」を欲しがる傾向にあります。

どこの企業でも欲しい「即戦力」は、残念ながら多くの人材はいません。

となれば、新人を採用して、きちんと教育することが成長の近道ではないでしょうか。

教育の時期とポイントをきちんと抑えましょう。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:21│Comments(0)TrackBack(0) 人事制度 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず