2008年06月21日

残業を命じて・・・

こんにちは

今日は雨

時より強く降っています

 

質問が来ました。

「私は現在、ある会社の営業課長をしております。

残業を命令するのですが、36協定が締結されていないと、

私自身が罰せられるのでしょうか?」


ご本人は、かなり心配されていました。

労働基準法によると、残業を命じる場合は、

残業等の協定書(36協定)を締結しないといけません。


しかし、協定なしで命じた場合は法律違反になります。

その場合は、責任を取るのは「使用者」ということになります。

この「使用者」の定義は「事業主や経営担当者その他」です。

つまり、社長だけではありません。


現場の監督者も罰せられる可能性があるということです。

 
部下を持って、管理監督する人は

労働基準法のイロハは知っておくべきでしょう。

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 11:22│Comments(0)TrackBack(0) 残業 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず