2007年09月27日

給料の差し押さえが、裁判所から・・・

おはようございます

今日は、雲が多く、ぽつぽつと小雨も降っていましたね

天気予報では、傘いらずだったのですが・・・。

 

今日は、給料の差し押さえについてです。

お客様から相談がありました。

「うちの社員で借金が多く、返済が滞った者がいて、裁判所から給料の差し押さえがきたのですが、どうしたらいいのでしょうか?」

この場合は、会社として、どうしたらいいのでしょうか?

給与全額を差し押さえれば、その社員は生活できなくなります。

かといって、裁判所からの命令にそむくこともできません。

コレは、次のようになります。

・裁判所の命令には従う

・差し押さえ額は、原則、手取りの4分の1

全額差し押さえを避けているのは、生活を保護するためです。

だから、高額な給与をもらっている人は、この原則からは外れます。

その点は、注意してくださいね。

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。




utsumisr at 08:19│Comments(0)TrackBack(0) 賃金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず