2006年09月26日

退職金の定義

おはようございます

今日の天気予報は雨ですね

東京地方はこれからだそうです。

 

今日は、退職金の定義についてです。

退職金とは、労働者が退職した場合に労働協約、就業規則などの規定により支払われるものです。

賃金の性質があるといわれています。

退職金は必ず支給しなくてはならないものではなく、決めたら払うというものです。

しかし、決めたら、そのとおりに支払わないといけないというものです。

退職金の性格は次の3つに分かれるといわれています。

・功労報奨説

・賃金後払い説

・生活保障説

最近の判例等では、賃金後払い説が有力とされています。

また、支払い方法は、退職一時金と退職年金とに分かれています。

基本的には一括か分割かの差ですが、細かいところは違ってきます。

現在の退職金制度は、積み立て不足の増加、会計基準の変更等があり、抜本的な改革の時期とも言われています。

また、適格退職年金の終わりも数年後に控え、今後の動きが注目されています。

 

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 05:55│Comments(0)TrackBack(0) 退職金 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブス
タグふれんず