2015年03月

2015年03月26日

仕事の意味と会社の関係について

先日、私はセミナーに登壇するため、福岡におじゃまいたしました。

セミナーの内容は「労使のトラブルの予防について」という内容でしたが、その時、ある経営者の方とお話をさせていただく機会があったときのことです。

話の内容はセミナーのタイトルについてで、「残業時間が多いことが問題です」と話をしていたら、その経営者の方が「自分の趣味や興味があることは時間を忘れて没頭しますよね。

問題を起こす社員の人は仕事を嫌々している人達なのか、会社が仕事を無理に押しつけているのではないでしょうか」とお話されていました。


この時、数年前にある社長がお話されていた言葉がフラッシュバックしてきました。

「会社の為、上司の為に仕事をすると思っているようでは本人の心の中で、仕事を自分のことと受け止めていないので、楽しくないはずです。自分の事として仕事が捉えられれば、本当に仕事が好きで、楽しめるはずです」。


趣味にせよ、恋愛にせよ、夢中になることが出来るのは自分の事だからです。

でも、仕事となるとこのように考える人が途端に少なくなってしまいます。

確かに経営者やビジネスオーナーなどが会社の所有者であり、仕事に対しての影響力を多く持つことも事実です。だからと言って、社員の多数が「嫌々仕事をしている」わけではありません。


とはいえ組織で仕事をするということは「これがしたい」と思って入社しても、その業務に配属となるケースは圧倒的に少ないでしょうし、仮に、好きな仕事に就いたと思ったら、実は就く前のイメージとはかけ離れていることの方が多いのではないでしょうか。

「好きなことを仕事にするために転職する」という話を良く聞きますが、果たしてその仕事は「運命の仕事」なのでしょうか。


仕事をしているうちに、その仕事が「好きになる」ことがあります。

例えば
「経理の仕事をしていて、数字が合致した時に嬉しくなる」

「営業の仕事をしていて、お客様にお礼の言葉をかけていただけると、『この仕事をしていてよかったな』と感じます」

「大きなおプロジェクトを任されて、達成した時にメンバーに感謝するとともに、やり遂げたと感じて、自分の成長を実感した」など様々な場面で、仕事と自分の関わりを感じて、仕事に正面から向き合い、好きになっていくのでしょう。

この場合、仕事の内容に興味が出る場面もあるでしょうが、外部環境が影響する場合があります。

例えば、「上司から期待された」「会社から任された」「お客様から評価された」など、「きっかけ」が社員を変えることもあるのです。

会社としては、そんな「きっかけ」の機会を数多く準備することが重要です。

多くの「きっかけ」の機会を社員に用意することにより仕事に対する考え方が変わる社員が「自然発生的」に生まれる環境を整えれば、社員自らが仕事を「自分の事」としてとらえるようになるのではないでしょうか。

会社はそのために「何をするのか」を真剣に考えないといけないでしょう。

残業ひとつにとっても「法律だから禁止します」、「残業命令なので、従いなさい」では、社員の心に響かず、このマネジメントだけでは「飴と鞭」の関係でしかないからです。

会社として仕事の意味、意義を考えること。

そして、それを社員に伝えること。

さらに、社員に「仕事と自分についても正面から向き合うこと」、「社員一人一人の人生、生き方と今の仕事を含めた環境について考えること」なのができる環境を整えることが会社と社員の良好な関係を築くべースとなるのではないでしょうか。



utsumisr at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月13日

部下指導は自分のため

おはようございます

今日は晴天ですが、花粉がすごいですね

週末なので、頑張っていきましょう!!


本日は「部下指導は自分のため」についてです。

 

 

人間は誰でも他人の短所が気になります。部下ならなおさらです。

 

しかし、短所ばかりを指摘された部下は、「自分は上司に嫌われている」「何で私ばかりが言われるのか」と、反発するでしょう。

 

これでは、「部下のために」と思った行動が裏目に出てしまいます。

 

こうならないためには、短所と合わせて、必ず長所も指摘することです。

 

そうすれば部下は、「自分のことをきちんと見ていてくれる」と感じます。

 

そして、短所の指摘についても、素直に受け止められるようになります。

 

 

このときに気をつけたいのが話す順番です。

 

先に短所を指摘し、後で長所をほめます。

 

「お願いした資料だけど、相変わらず誤字脱字が多いね。仕上げたら何度も読み直すこと。あなたは、周りに気配りができる人だといつも感心しているんだ。仕事にだって細かい気配りができるはずだよ。もう一度しっかり見直してくださいね」

 

このように、最後に長所を付け加えると、後味の悪さが残らず、部下は気分良く仕事を続けることができるでしょう。

 

 

部下の行動は、上司の指導法を映し出す鏡のようなものです。

 

他のセクションの同僚から「部下の○○君、最近キミに似てきたね」と言われた経験はありませんか。

 

上司であるあなたが、丁寧な接客をすれば部下もそれを見習い、強引な営業を繰り返していれば、強引な仕事をする部下が育ちます。

 

 

言い換えれば、部下の動きを見ることで、上司である自分の行動を客観的に見ることができるということです。

 

部下の行動から、自分の良い点、悪い点を反省し、改善することで上司も成長することができます。

 

これに気がつくと、日常の部下を見る目も変わってくるはずです。

 

初めて上司の立場になれば、悩みや戸惑いがあるでしょう。

 

自分の仕事に忙殺され、部下をじっくり指導する余裕がない。

 

できる上司だと思われたくて、背伸びをしてしまう。

 

そんな上司に一言アドバイスさせてください。

 

 

「まだ自分は一人前の上司ではないけれど、みんなと一緒に頑張っていきたい」「私に足りないことがあったら、どんどん言ってください」と謙虚に語ることで、部下との距離はグッと縮まります。

 

そうすれば、部下は喜んで上司を助けようとするし、自分の考えを積極的に出すようにもなるはずです。

 

私も上司歴は長くなりましたが、部下から学ぶことは実にたくさんあります。

 

世代の違う若い人たちの考え方を学び、異なる価値観を知ることもできます。

 

また、良かれと思った部下指導が効果を発揮せず、自分の至らなさを思い知ることもあります。

 

このような失敗を経験し、反省することで上司として成長することができるのです。

 

部下育ては上司の役割ですが、ともに成長するということでは、上司と部下は平等な機会を持っているのです。

 

「部下指導は自分のため」と思うことが大切です。

 

人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net      



utsumisr at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 

2015年03月01日

言葉は簡潔に短く

こんばんは

今日はあいにくの雨ですね


本日は「言葉は簡潔に短く」

 についてです。

 

私が社内のコミュニケーションで気を付けていることがあります。

それは「言葉は簡潔に短く」して伝えることです。

これは、社内社外に限ったことではないのですが、まずは社内から習慣づけることを意識します。



言葉を短く伝えるということは、伝える側が伝えたいことを明確に理解し、整理できているか否かにかかっています。

こんなことは当たり前と思われるかもしれませんが、実際にできているかどうかみてみると、厳しい結果になるケースが多いのです。


そして「言語明瞭、意味不明」ではコミュニケーションになりません。

短い言葉で簡潔にわかりやすく伝えることがベターですが、専門用語を使いすぎて結局は何を伝えたいのかが分からなくなってしまう事がよくあるのです。

この部分は専門職の方、技術職の方でよく陥るポイントです。

仮に社内で通じても、社外では厳しい場面があるので広い意識で臨みましょう。



また、上司、部下のコミュニケーションにおいては、忙しい社内でのお互いの貴重な時間を使います。

そこで、だらだらと説明して時間をかけていたらお互いに不幸です。特にいろいろな決裁、決定、判断を短い時間で行わなければならない上席者に対しては、その影響が大きくあらわれます。



私たちは専門的な事柄を扱う事が多いです。そこには法律用語、行政で使われている言葉など、一般の人が少し聞いても、すぐにわかることが難しいものも多数含まれています。

そこで比喩を用いて相手に理解してもらう事を考えております。



しかし、何かにたとえたり、言い換えたりすることはすぐにはできません。

できるようになるには訓練しかないのです。それも多くの場があれば、どんどんと鍛えられてきます。

その場を提供するのが社内のコミュニケーションなのです。

いきなりできる社員や部下はいませんが、日常の中で少し「簡潔に、短く伝える」という事を意識させ、日ごろから使う場面を提供できれば、社員や部下はだんだんと身についてくるのです。

そして、知らぬ間にできるようになっていくのです。



社内で、なんとなく話をしているのではなく、伝える意識を持ってコミュニケーションをとれば、社員や部下の力の底上げにもなっていくのです。

ちょっとの努力や意識で積み重ねていけば大きな力となってあらわれてくることは間違いありません。



人気ブログランキングに参加しています。







ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net      



utsumisr at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 
月別アーカイブス
タグふれんず