2014年03月

2014年03月05日

みんなで決めることは、良いのか?悪いのか?

こんにちは

朝は雨ふりでしたが、今は上がっていますね

と思ったら、また降り始めていました


本日は「みんなで決めることは、良いのか?悪いのか?」についてです。

 

みんなで決めることは良いのか?悪いのか?


会社の意思決定のルールや仕組みを作成する場合、この話題がよく出ます。


最近よく言われるのが、


○稟議制だとスピードが遅い


○責任の所在があいまいとなる


と言われています。



こうなると、変化のスピードが速い今日の時代に合っていないのではないか?との意見も多数出てきています。


したがって「決定権を持つ人が、1人で決めるべき」ということになります。


まずは、そのために「誰にどれだけの決定権があるのか」ということを明確にしないといけません。



そのためには決裁権限に関するルールを定める必要があります。


但し、これは「人の器」という問題もあります。


確かに、「鶏が先か卵が先か」という議論もありますので「任せてみる」というのも一つの方法ですが、これは任せる人がある程度育っていないと厳しいです。


決定権については、その重要度で他者の同意の部分も含めてルールを決めないといけまえん。


この場面でも責任の範囲を明確にする必要があるのです。




人気ブログランキングに参加しています。





ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 



utsumisr at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2014年03月04日

「協議する」ことの本当の意味とは

おはようございます

今日は日差しが柔らかですね

春めいてくるのももうすぐでしょうか?


本日は「「協議をする」ことの本当の意味とは」についてです。

 

「事案について協議します」


このような回答が来たら、「どのように協議してくれるのかな?」と前から疑問だったのですが、半分ぐらいは協議というよりも「お断り」なのかもしれないですね()



冗談はさて置き、協議することの正確な意味とは何でしょうか?


辞書等で見てみると「集まって相談すること」となっています。


つまり、まわりの人に対象となる事案を相談することとなっているのです。



例えば、会社でPCをまとめて購入する際に、「どの機種にするか?」を協議した場合、は決定権限者が社長であれば、部長や取締役に「どれがいいか?」と相談して、いろいろな意見に耳を傾けるでしょう。


しかし、みんなで話し合って決めることではないので多数決でもありません。


あくまでも「皆さんの意見を聞いて社長が1人で決める」ことなのです。



この事例は「社長」なので、問題なさそうですが、決裁権限が明確に分かれている場合、例えば営業部長にその権限があるようなとき、力関係で営業部長の決定が覆ることはあるかもしれませんが、本当は営業部長が1人で決めることなのです。


つまり、協議のルールとは「話し合って、まわりの人の意見は聞くけれど、自分1人で決める」ということです。



協議することは「みんなを巻き込むけど、自分だけで決まる」ことなのです。



人気ブログランキングに参加しています。






ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 



utsumisr at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2014年03月03日

人事評価をする意味とは?

おはようございます

先週は福岡出張でした

今週は東京におります!!


本日は「人事評価をする意味とは?」についてです。

 

人事評価システムを導入している会社は多くあります。


しかし、「なぜ人事評価システムを導入しているか?」という問いかけに明確に答えられる経営者が多くないのも事実です。


一般的な意味合いとして、


〇昇給、昇格に使う


〇賞与の査定に使う


などがすぐに頭に浮かぶと思いますが、果たしてこれだけでしょうか?



大手企業などは、仕事に対して「職務要件書」とリンクされており、次のステージにステップアップするためには「何をクリアするべきか」が明示されている場合があります。


このようなケースだと「自分が何をすべきか」ということがはっきりしています。


しかし、このような仕組みを導入しているケースは大手企業以外では、本当に少ないと感じております。


ただ、中小企業も会社で知恵を出して、いろいろな仕組みを導入されているケースがあります。


このような状況を見て、人事は十社十色の考え方もあるし、人事の考え方も様々です。



しかし、一つだけ確実に言えることがあります。


それは、人事評価をする意味とは「会社と社員のパブリックなコミュニケーション」ということです。


評価の内容そのものというよりも、年に1回、2回行われる評価面談という場が最も意味がある場であり、社員一人一人の成長を促進する「ドライブ」となる部分ではないでしょうか。


人事評価は考課期間の結果に対する点数付けだけでは、将来に、成長につながるステップにはなりません。


数字にとらわれすぎない評価が必要なのでしょう。




人気ブログランキングに参加しています。








ここのところをクリックをお願い致します!!



 

只今小冊子の無料ダウンロード進呈中

「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。

無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://sr.muryou-report.net 
 



utsumisr at 08:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 人事制度 
月別アーカイブス
タグふれんず