2008年10月

2008年10月21日

効率化がすべてではない!

おはようございます

今日もいい天気です

秋晴れの中、今日も頑張りましょう!

 

今日は「効率化がすべてではない!」をお届けします。

最近、仕事を「仕組み」に任せる、「効率化の追求」が叫ばれています。

そして「マニュアル」をつくり、仕組みで回そうという話を多く聞きます。

マニュアルは

○ 仕事の効率化

○ 仕事のスピードアップ

○ 仕事の習熟度のアップ

○ 人材の入れ替えの促進

なおの考課があります。

そして、効率化をはかるため、マニュアルを作り、仕組みで動かすのです。

しかし、マニュアルをベースとした仕組みが出来ても、働く人のモチベーションが下がってしまっては、意味がありません。

○ やらされ感の増加

○ 行き過ぎた管理の増加

○ コミュニケーションの欠如

そして、これがさらに悪化すると

○ 言われたことしか出来ない社員の増加

○ やりがいを見失う社員の増加

このような状況に落ちいってしまいます。

効率化を追求しすぎるとモチベーションダウンにつながります。

このことを防止するには、「仕事の楽しさ」を前面に押し出し、「ワクワク感」が持てる職場にする必要があります。

これは具体的には

○ 仕事にゲーム感覚を持つ

○ 自ら考えるように仕事の段取りを取れるようにする

等です。

効率化がすべてではないのです。

社員のモチベーションが重要ですね!

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年10月20日

質問の難しさ

おはようございます

今日もいい天気ですね

私の自宅の周りの路面は濡れていました。

夜に雨が降ったようです・・・。

でも、今日はいい天気ですね!

 

今日は「質問の難しさ」についてです。

例えば「なぜ?」と聞かれると「どっきり」しませんか。

聞いている側は悪気が無いのかもしれませんが、それでも聞かれた方は警戒してしまいます。

これは、「なぜ」と言う言葉には、協調的に答えていいのか、それとも非強調的に答えていいのか分からないからです。

「なぜ、そんなことするの!」

非協調的に感じますよね。

「なぜ、その本読んでいるの?」

この問いだと、素直に理由を聞いているのか「そんな本読んでどうするの?」というという問いか分かりません。

時にメール等たと、その雰囲気が伝わらない場合があるので、なかなか難しい場合があります。

会話の方がその点、ストレートに雰囲気をつかめるので分かりやすいです。

とはいえ、質問するというのも「本当の意味」を分かってもらうのは、とても大変ですね。

皆さんもこの様に感じたことはありませんか?

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 07:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

2008年10月19日

10人以上になったら・・・

おはようございます

今日も秋晴れの予報です

明日は下り坂・・・

今日中に洗濯しておきましょうね!

 

10人以上の組織だと、法律で「働くルールを作成し、行政に届け出ないといけません」と法律で決まっています。

具体的には、就業規則を作成し、従業員の代表者から意見を求め、所轄の労働基準監督署に提出しなければならないのです。

なぜ10人を越えると、法律の義務が発生するのでしょうか。

これは、10人は微妙な人数なのです。

労働条件で入社した人もいれば、社長の身内も社員として働いているのです。

しかし、そろそろ組織的な動きを検討しないと、会社としての発展が難しいと「うすうす」気がついている頃かもしれません。

よって、会社組織が法的に「ルールを作りなさい」という状況なのです。

就業規則には労働基準法をはじめとする会社と社員の働くルールを決めなければなりません。

しかし、絶対に決めなければならないことは、そんなに多くは無いのです。

たとえば、仕事の始まりと終わりの時間、休日、休憩時間、給料の決め方や支給日など、当たり前のことばかりなのです。

しかし、実際は法律の決め事だけでは、会社は動きません。

そこで、会社がうまく回るためのルールを就業規則に盛り込むのです。

そして、その就業規則を社員に知らせ、守ってもらい、会社の業務がスムーズに動くようにするのです。

社員が増えるといろいろな人が入社してきます。

ここで、働き方に誤解が生じさせてしまっては、余計なトラブルも発生してしまいます。

社員一人ひとりがいろいろな個性を持つのはいいことですが、ビジネス上、勝手な解釈がまかり通りようでは、仕事にならないはずです。

就業規則を通じて、このような誤解の無いような働き方を示してくれればよりより会社へと、発展していくことでしょう。

また、10人以上の組織も50人、100人の組織も基本は同じです。

というのは、現場で監督できる人数というのは限りがあります。

ですから、組織を考える際に、組織をユニット単位で考えていくのです。

それを、組織のピラミッドに当てはめるだけの話です。

ここを、無視して一人のマネージャーに多くの部下を付けると、最終的には、公平な取り扱いは出来ないし、人事評価等では、正統な評価が不可能となっていくのです。

基本をきちんと押さえ、よく考えたルールを適用し、組織の形を守って、会社運営を考えないと、うまく回るものも回らなくなってしまうのです。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 05:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 就業規則 

2008年10月18日

考えるより、行動しろ!

おはようございます

今日もいい天気です

私は、洗濯!

がんばります!!

 

今日は「考えるより行動しろ!」です。

先日、ある懇親会で参加者の人がご自身の事業がなかなかうまくいかないとお話されていました。

その原因の分析は、確かにすごいものがありました。

そして、「どうしたらいいのか?」という話になると・・・

方法がいろいろあって、わからないというのが結論でした。

しかし、方法がいくつもあって「やらない」のは、サボっている証拠です。

そうお伝えしました。

いままで、いろいろやって失敗しているので「失敗したくない」気持ちはわかります。

しかし、考え方を変えて「後1つや2つぐらい失敗してもいいよね!」ぐらいな意識の方が楽ですし、うまくいく可能性が高まると思います。

変なところに力が入っていないので。

とにかく、悩んでいる暇があったら「行動しろ!」だと思います。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年10月17日

リーダーシップとメンバーシップ

おはようございます

今日もいい天気ですね

とても気持ちがいい朝です。

朝晩と日中の温度差があるので、風邪には気をつけましょう!

 

今日は「リーダーシップとメンバーシップ」についてです。

リーダーシップとは、指導的な立場にいる人で、権限と責任を持ってメンバーを動かす人です。

チームの成功はリーダーの手腕にかかっています。

また、メンバーがミスをすれば、リーダーが矢面に立たされるのです。

リーダーの仕事はとても大変ですし、一人でこなすには限界もあります。

そこで、メンバーがリーダーを補い、弱点を補強することがメンバーシップです。

そのためには、相互信頼、互いにリスペクトはもちろんのこと、お互いの行動もオープンにし、情報の共有化を徹底させるのです。

この考え方が、自己管理というよりも相互管理と言う考え方です。

自己管理の場合は、「あきらめ」感が早くやってきます。

しかし、相互管理の場合は、「あきらめ」感はそんなに早くやってきません。

いい意味で、お互いを監視しているからです。

この考えをメンバー全体に引きなおすのです。

そうすると、強いメンバーシップが気づけるのです。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

2008年10月16日

部下が意見をいえないのは・・・

おはようございます

今日もいい天気ですね

過ごしやすい季節ですね!

つい寝すぎてしまいそうになりますが・・・

 

今日は「部下が意見を言えないのは・・・」をお送りします。

「部下が意見を言えないのは上司の責任です。」

と言われれば、上司の皆さんは反論しますよね。

しかし、よく考えてください。

もしかしたら、皆さんは部下に対して「決めつけ」をしていませんか?

「あいつだから、ダメだろう!」

「どうせ、あいつは何も意見を出せない」

と始まる前から思っていませんか。

このように思われている部下は、その空気を感じます。

そして、「どうせ、自分は何をやっても無駄だ」と思うようになるのです。

社長や上司に言われたことをやればいいと考え、主体性が無くなっていくのです。

このようなモチベーションの低下を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、

○ 決定事項に参画させる

○ 本人の意見を十分に聞く

○ 上司から意見をふる

などして「意見を聞く」「君が必要なんだ」という環境を作ってください。

そうすると、段々と変化が見え隠れしてくるものです。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 

 

 



utsumisr at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

2008年10月15日

一生懸命さを褒めるには

おはようございます

雨も上がり、晴れ間が見えています

秋晴れが戻ってきますね!

 

今日は「一生懸命さを褒めるには」をお届けします。

一生懸命に仕事に取り組んできる。

しかし、成果がまだ出ていない・・・。

あなたの部下にもこのような社員は多いのではないでしょうか。

しかし、この「一生懸命さ」を褒めてあげたいのですが、どうしたらいいでしょうか?と質問を受けました。

確かに、結果に対して褒めることは明白ですが、過程を褒めることも重要です。

特に、新入社員や若手の社員で「これから」の人には成長の実感をさせることも必要だからです。

そこで、このような人に「エール」もこめて次の言葉をかけてあげましょう。

【行動力があるね】

この言葉は、社員の動きに対しての言葉です。

頑張っていることに対する「褒め言葉」でもあります。

あとは結果がついてくればと思いますが、結果よりもまずは頑張っていることを褒めて、気持ちよく仕事をする環境を整えましょう。

社員が気持ちよく仕事をする場を与えるのは、上司の役目です。

ハードではなくてソフトのケアも必要ですね!

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 

2008年10月14日

仕事の意味付けを行っていますか?

おはようございます

3連休明けの火曜日です。

エンジンがかかりにくくなっているのではないでしょうか?

お天気も午後から雨の予報です

でも、雨なんか吹き飛ばしていきましょう!!!

 

今日は「仕事の意味付けを行っていますか?」というお話です。

同じ仕事を部下にお願いするのしても「穴を掘って欲しい」というよりも、「橋の橋脚の土台を作る為に穴を掘って欲しい」というほうが、部下はモチベーションがあがります。

ただ、穴を掘れといわれても、何が完成するのか分からなければ漠然と作業するだけです。

しかし、完成図が描ければ、「どのぐらい掘るのか」「いつまで作業するのか」が分かります。

また、橋の橋脚の土台の為という、仕事の意味が伝わるのです。

このことをあなたの業務に置き換えて、考えてください。

日常のルーティンをこなすことばかりにフォーカスしすぎると、業務本来の意味が分からなくなってしまいます。

そうすると、「完成図」が分からない状況と同じです。

となると、モチベーションが下がります。

日々のルーティンでの「やらされ感」が部下を支配してしまうのです。

まず、部下がしている業務は「どんな意味があるのか」をフィックスさせてください。

そして、自分のやっている業務に意味を見出せるように「先を見る」クセを付けてあげましょう。

上司が「あなたの仕事はこんなに価値がある仕事だよ」というのは簡単です。

しかし、部下自身がその価値の気づきを得るのが一番です。

自分で見つけた「価値」は、本人の成長でもあり、今後の業務に対する心構えとなるからです。

気づきを与えられる環境づくりこそ、あなたの第一の仕事です。

部下にモチベーションをもってもらいたいなら、環境づくりは必須です。

そして、このことは、会社の未来も大きく左右することなのです。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) モチベーション 

2008年10月13日

日ごろから情報収集をしましょう

おはようございます

今日は秋晴れの予報ですが・・・

今は雲が多いです

これから晴れてくるのでしょう!

 

今日は「日ごろから情報収集をしましょう」というお話です。

「あっ!この話、面白いな」

「このアイデアいいな!」

人の話を聞いて、このように感じたり、自分で考えていいアイデアが浮かんだりしたときに、あなたはどうしていますか?

いい話を聞いただけでは、記憶に残りません。

さらに、いい話だから、自分が話すときに使おうと思っても、その頃は忘れてしまいます。

そのときは、こまめに「メモ」を取りましょう。

自分しか分からない、きたない字でも、自分自身で再現性があれば問題ありません。

それより、「あの話、なんだったっけ?」となるほうが嫌ですよね。

使うときに使える「メモ」をとらないと意味がありません。

私は、B6のノートを常に携帯しています。

コレだと、ペンとノートで、満員電車でも文字がかけます。

意外と、車内でのアイデアは「いいもの」が浮かびます。

コレを放置しておくと、3分後には、忘れてしまうことが多いです。

だから、すばやくメモを取るのです。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 07:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年10月12日

認め合う仕掛け

おはようございます

今日も秋晴れ、いい天気ですね

3連休の中日、いかがお過ごしでしょうか!

 

今日は「認め合う仕掛け」をお送りします。

仕事をしていて、たった一人だと感じることがあります。

それは、

○ 孤独感

○ 疎外感

○ 非認知

などです。

人間は、一人では生きてはいけませんね。

私も、自分の業務を一人でこなしていた時期があります。

そのときは、周りに認められたい、周りに関心を持ってもらいたいという気持ちがありました。

業務で、サポートできる場合は、サポート体制を確立すればいいでしょう。

しかし、回りも自分も忙しく、業務の体制や動きが厳しいときはどうすればいいのでしょうか。

その答えが次です。

第一歩は「声がけ」です。

気の聞いた人は、やっていると思います。

ちょっとした、コミュニケーションが人と人の関係を向上させるのです。

その声がけも「感謝」を口にするのです。

お互いの存在を認め、感謝を口にされれば「嫌がる人」はいません。

そうして、「認め合う」事を「仕組み」化するのです。

それも、見に見える形で・・・。

抽象的ではなく、難しいことではなく、簡単に、分かりやすく実行するのです。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

 


utsumisr at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) コミュニケーション 
月別アーカイブス
タグふれんず