2008年04月

2008年04月30日

賃金とモチベーション

おはようございます

GWですが、皆さん、いかがお過ごしですか?

今日もお出かけ日和ですね

私は、カレンダーどおりですが(笑)

 

今日は賃金とモチベーションについてです。

賃金が上下することは、サラリーマンにとって大きなインパクトです。

皆さんの会社は定期的にベースアップや昇給が行われているのでしょうか?


私のサラリーマン時代の記憶では、確かにベースアップや昇給、

昇格があったのですが、何時いくら上がったのか、

記憶としてはおぼろげです。


ハーズバーグ博士が唱えたモチベーション理論では、

給与は「衛生要因」として位置づけられています。


つまり、給与は無いと困るので、それが十分でないと不満をもたらす。

しかし、十分だからといって満足が継続するわけでもないし、

動機付けられるというものでもありません。

ということは、給与は無いと困るが、

高いということで動機付けられるわけではないのです。

それならば「賃金を上げてモチベーションアップを図ろう」

というのはあまり効果がないということになります。


実際にある会社の社長は、
 
 「給料を上げたときは喜んでいるけど、三日もすればすっかり忘れている。」

このようにお話されていました。

また、

 「期待をこめて上げた給料だったけど、さも、当たり前のようにもらっている。」

とも話しをされていました。


自分の経験からも、上がった金額は当たり前のように感じていましたし、

上がった経緯すら忘れてしまっています。

しかし、何かを達成したときの喜びは何年たっても忘れません。

特に困難なことや長年の目標が達成したときの喜びや抱いた気持ちは忘れません。

さらに、達成したプロセスや状況、そのとき目にした風景すら、

何年も目の奥に映像が焼き付いている事でしょう。


これがモチベーションの原点かもしれません。


ただ、あくまでも賃金は重要な要素ですが・・・。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。


 



utsumisr at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)モチベーション 

2008年04月29日

「いい人がいなくって!」

おはようございます

今日はいい天気です

GWのお出かけ日和ですね!!

 

今日は「いい人がいなくって!」というお話です

私のお客様の企業はいわゆる「中小企業」です。

そこの社長さん達とお話をさせていただくときに採用の話がでますが、

皆さん この件になると顔色をくもらせます。


最終的には社長さんの判断での採用の有無を決定されるのですが・・・。 

そして、ほとんどの方は次の言葉を必ずおっしゃられます。


「即戦力の採用を行っていますが、なかなかいい人がいなくって。」

この言葉は、中途採用の話しの中では枕詞のようになっています。

 
「なぜかな?」と思っていると、次のようなことが実際にありました。


ある会社で総務の責任者を採用しました。

その人の前職の職歴は輝かしいものがありました。

 
 そして、会社としても総務の担当者が退職した直後だったので

即採用を決めました。


 
しかし、その人は仕事があまり出来なかったのです。


「えっ!!」


「何で?」

前職では部下が何人もいて、業務を判断することを求められていたのです。


しかし、この会社では、それこそ棚の整理、書類の作成、採用面接、入退社のケア等・・・何でもこなさないといけません。

この人は、この要求に耐えられなかったのです。


つまり、求める人材と採用した人材が違ったのです。

「ミスマッチ」なんて言い方をします。

 
でも、これでは、両者が不幸ですよね。


つまり、中途採用で即戦力を求めるのであれば、

 
 1.何の業務をやってもらうか


2.どの程度のクオリティーを求めるのか

 
3.具体的な業務の内容をきちんと伝えることが出来るか

等々です。  



「そんなことは百も承知ですよ!」

と切り返されることも多いです。

 
そんな時は

「では、今募集されている人材はどんな人で、何をやってもらいたい ですか?」と質問すると十人中十人があやふやな回答しか帰って来ません。

 
 う一度「即戦力とは何か?」「何をやって欲しいのか?」をきちんと伝え ないと悲劇が繰返されます(T_T) 


いかがでしょうか!

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)就職 

2008年04月28日

成功体験を引き出して、自信を引き出す

おはようございます

今日はいい天気ですね

GWでお休みの人もいるかも・・・!

通勤電車が少しすいていたような気がします。

 

今日は「成功体験を引き出して、自信を引き出す」ということです。

私たちは学校で「苦手な科目を克服」することを指導されました。

しかし、苦手なのであまりうまく行きません・・・。

そして、失敗ばかりでした。

そんな思い出がありませんか。

仕事でも、うまく行ったことよりも失敗したことが頭をよぎります。

印象が強いのは「失敗」のほうなのでしょうか。

成功体験を自ら話すということは、「自慢」をひけらかすようで照れくさく、なんだか話しにくいというのもあるかもしれません。

しかし、過去の成功体験は、自分自身に「パワー」を与えてくれます。

「私はこれができた」

「私はここまでやりとげた」

過去の自分が今の自分に力を与えてくれます。

部下が自信をなくしているときは、部下の過去の成功体験を引き出して部下の自信を取り戻す手助けをしましょう。

そうすれば立ち直るきっかけになるかもしれませんね!

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 

2008年04月27日

会社のコミュニケーションを良くする方法

おはようございます

今日はいい天気のはずが・・・

今は雨が降っていますね

 

今日は「会社のコミュニケーションを良くする方法」についてです。

会社は学校と違い、ビジネスの場です。

共通の目的があり、それに向けて個々人に役割があります。

ビジネスの場面では、

個人の「感情」が意思決定に影響することはない

といわれています。


しかし、人が決めることは感情がベースとなっています。

となると、人間関係がやはり重要になります。

そして、これがこじれると大きなストレスとなっていくのです。


私は、働く環境がこのストレスを生むと考えていますが、

コミュニケーションをうまく使えば、これが解消されると思います。

よって次のことを心がければ、

かなりのことが回り始めると考えられます。

・話しやすい雰囲気を作る

・リーダーは聞く姿勢を大切にする

・フランクな話ができる場面を持つ

以上です。


これだけでも、組織の意識は変わります。

いわゆる「風通しの良い職場」ということになります。

いかがでしょうか。

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 

2008年04月26日

解雇について

おはようございます

今日は晴れの予報ですが・・・

雲が多いですね

 

「営業成績の悪い社員を辞めさせたいのですが・・・。」

 先日、こんな質問を受けました。

具体的には、

 ○仕事上のミスが多い。

 ○上司の指示をきかない。

こんな状況でも解雇することはできないのでしょうか?


まず、営業成績が悪いだけでは、解雇はできません。

また、裁判になっても、裁判官に理解してもらうのは難しいです。

なぜ難しいかというと、

具体的な事例を上げて、勤務成績が不良であることを説明しないといけません


「能力がない、適正がない、意欲が無い。」

このような抽象的な話をいくらしても裁判官は納得しません。


解雇が難しいとなると、

「あの人は期待できない」となり、会社は仕事を任せなくなります。

そして、遊ばせておくわけには行かないから、単純作業しかまかせなくなりま
す。

そうすると、仕事をそこそここなしているように見えます。

となると、成績不良の立証材料が出てこなくなります。

逆に、嫌がらせをして、仕事を干したといわれるかもしれません。

 
 
では、実際はどうしたらいいのでしょうか?

それは、次のような対応が考えられます。

○就業規則:解雇の理由をわかりやすく記載する。

→理由を細かくし、基準を作る。

○人事考課:結果により、他の社員との比較を行う。

→社員を比較して、数値化する。

○注意・指示に対する結果を詳細に記録する

→日常的な注意や指示に従っているか。

○粘り強く対応する

→「個別事情だと解雇不可だが、問題多いと解雇もやむなし」の判例あり。

解雇という問題は、時間がかかり、粘り強く対応する必要があります。

この点を放棄すると、同じような問題がすぐに発生するケースもあります。


いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 07:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)労使トラブル 

2008年04月25日

上司と部下の関係とは

おはようございます

今日は曇り

天気予報では、晴れるとのことですが・・・

念のため折りたたみの傘を持って出かけます

 

今日は「上司と部下の関係とは」というお話です。

上司と部下の関係とは「怒る人、怒られる人」でしょうか?

最近の考え方で「ビジネスコーチング」では、「対等」の関係!

この言葉がキーワードではないでしょうか?


しかし、現場では「コーチングなんて生易しくて使えません!!」

「もっと厳しい指導がありませんか?」

こんな声が聞こえるのも事実です。

(コーチングが理解不足でもありますが・・・)

 
クライアント先の社長で、いつも怒っている人がいます。

正確に言うと部下を「叱っている」のです。

事ある毎に注意しています!

 
でも、この社長は社員に人気があります!

叱り方がうまいのです!

決して感情に訴えかけないで注意をする感じです!

 
そして、本題に入る前に一言

「今、気になることがあるんだけどいいかな?」
 
このワンクッションを必ず話しています!

 
この一言が大きなポイントではないでしょうか?

 
つまり「予告」をすることにより、相手をひきつける。

そして、「自分がこのように感じるけど」と自身の言葉で話しをしています。

相手への伝え方に「思いやり」があるのです。

それが「叱る」という行為の中にも!
 
なかなかできることではありませんね!
 
 
「気になること?気に入らないことならあるよ!」

なんてことにならないようにしないといけませんね(笑)

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 

2008年04月24日

パワハラ問題の難しさ

おはようございます

今日は曇りから雨でしょうか

傘が必要ですね!

 

今日はパワハラの問題の難しい点についてです。

パワハラ問題の難しいところは、

○具体的な法律の規制がない。
                 
○受けた本人がどう感じるかです。

法律の規制がないので、明確な基準がありません。

また、部下の受止め方で「犯罪」か「教育」かに分かれます。

だから、今回の初の判決を基に、次もその次も出てくるでしょう。

となると、会社としても、指導する方法も考えないといけません。。

  
例えば

上司は「こんなことも分からないのか。この給料泥棒。」と言います。

この発言に対して、

部下Aは、「なにくそ!」と思い発奮します。

しかし、部下Bは、「パワハラだ」と思ってしまいました。

ここで、部下Bがうつ病になった場合は、会社の責任が発生します。

となると、会社としても、厳しい指導も出来なくなるのでしょうか?


そんなことはありません。

次のことを守れば、部下指導もきちんとできるようになります。
 
それは【行動を指摘する】ことです。

 ○出来ないことを攻めるのではなく、原因となる行動のミスを指摘する。

 ○行動を指摘するので、感情が入る余地がない。
 
 ○行動を伝えるので、具体的で相手がわかりやすい。

 ○伝えた瞬間から結果がでる。

これを実行するのは、部下の行動を詳細に見ていないといけませんが。

 皆さんの会社の指導も上記の心構えで行えば、パワハラとは無縁です。

 
パワハラの防止も記載あります。

 → https://www.roumu55.com/

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)労使トラブル 

2008年04月23日

フリーター11万人削減

おはようございます

今日もいい天気です

春は眠い季節ですね・・・。

私は寝坊気味でした

 

今日はフリーター11万人削減についてです。

厚生労働省は経済成長に弾みをつける戦略として「新雇用戦略」を自民党に提出しました。

それは「今後3年間を雇用対策の重点期間」に設定するとの事です。

企業の試験的な雇用拡大で、フリーターを今より11万人減少させ、170万人に減らす数値目標を掲げました。

具体的な対策としては、

・トライアル雇用制度の拡充

です。

この制度は35歳未満の雇用に対して、助成金を支給しいますが、今後は30代後半まで範囲を広げるとの事です。

それから

・ジョブカード制

といって、職業訓練の受講証明をするものも、高齢者向けに広げて利用者を増やそうとの事です。

また、就職支援で都道府県と国が協力して「ふるさとハローワーク」(仮称)を各地で広げる計画も掲げております。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)就職 

2008年04月22日

職場環境の重要性

おはようございます

今日もいい天気です

今週は金曜日がぐずつく予報ですね

でも、週末もお天気がいいみたいです

 

今日は職場環境の重要性についてでです。

職場の環境は社員の行動に影響が出ます。

例えば、社長が時間にルーズな会社は社員も時間にルーズです。

社長が時間を守る会社は社員も守ります。

社長や上司が挨拶をしない会社は、社員も挨拶はおろそかです。

社員がきちんと挨拶するけど、社長や上司がいい加減な挨拶しかできない会社はありません。

つまり、社長や上司は社員や部下の鏡となっています。

もし、社長や上司であるあなたが、職場の雰囲気や環境を変えたいと思うのであれば、積極的に自らが率先して動かなければなりません。

社員や部下に指示だけして、自分だけは「行動」しないでは、説得力がありませんよね。

会社を牽引するリーダーの重要な仕事は、職場の環境の整備です。

コミュニケーションが足りなければ、自らが動きましょう。

整理整頓ができていなければ自らが整理整頓をしましょう。

自分が動いてからすべてが始まりますよね!!

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2008年04月21日

褒めるよりも共感したほうが親近感が・・・

おはようございます

今日はいい天気です

そして、もうすぐGWですね!

皆さん!予定はいかがですか?

私は・・・

あまりありませんが。

 

今日は「褒めるより共感したほうが親近感が・・・」というお話です。

これは、部下とのコミュニケーションのお話です。

上司が部下を褒めることは、どうしても「上から目線」となっています。

しかし、「共感」ということはいかがでしょうか。

これは目線だと「対等」です。

つまり、部下と同じ目線で見て、自分も共感しているということです。

そして「よくやったね!私もとても嬉い!!」と伝えると、それは上司自身の感情を伝えるということになるのです。

このほうが親近感がわきます。

そして、距離が身近になるのです。

また、上司の「人となり」を表現する場ではないでしょうか。

組織のこうした「共感」が信頼関係をより強くしていくのです。

いかがでしょうか。

 

人気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。



utsumisr at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミュニケーション 
月別アーカイブス
タグふれんず