2007年07月

2007年07月11日

厚生年金支給へ特例法

おはようございます

まだまだ梅雨の真っ只中

関東地方も雨が強くなってくるようです。

 

今日は、日経新聞2007/7/11 1面に記載されている厚生年金支給へ特例法についてコメントします。

厚生労働省は昨日、払ったはずの厚生年金保険料が企業の払い忘れや横領で未納扱いになっている人への救済として、この人たちを救済するために特例法案を秋の臨時国会に提出するとのことです。

特例法の仕組みは、未納が確認された場合で企業が存在する場合は、時効期間をさかのぼって、保険料を徴収することになります。

また、企業が存在しない場合は旧の取締役が保険料を納付する責任を負います。

さらに取締役が見つからなければ、国の予算から見舞金を出すことも検討されているとの事です。

保険料未納の企業は、今後詐欺罪や刑事罰が科せられる可能性も新聞では記載されています。

今後の動きに注目ですね!

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 社会保障 

2007年07月10日

労使トラブル事例!

おはようございます

昨日は、富山でセミナーでした。

今、出張先から更新です

 

今日は、労使トラブルについてです。

まず、事例の紹介です。

IT関連企業のA社は、退職者の残業未払いの指摘により労働基準監督署の調査が入りました。

通常の調査だと未払いの残業代の訴求支払いが3ヶ月ぐらいと聞いていましたが、A社は2年間訴求支払いの勧告が来ました。

A社は、残業に関してまったく支払いはしておらず、これに疑問を持つ者も多かったそうです。

そして、多くの社員が辞めていきました。

きっと、そのうちの一人が駆け込んだのでしょう。

感情的に辞めていく者も多かったと聞いています。

また、同時期に社会保険事務所の調査、税務署の調査も入りました。

これは、偶然ではないと思います。

感情的になった退職者が、その腹いせにいろいろな役所に連絡をして、その結果各行政等が腰を上げ、同時期に調査に入ったのでしょう。


この間、E社は業務どころではなかったとのことでした。

残業に対する法的なケアをしていればこのような結果にはならなかったと思います。

しかし、現実は厳しい状況となってしまいました。

一昔前は、経営者は強者で、労働者は弱者という構図でしたが、現在は違うかもしれません。

ルールを守らない者は、そのリングから退場ということになります。

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


 



utsumisr at 06:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 労使トラブル 

2007年07月09日

年金判定について2

おはようございます

今日は梅雨の中休みでしょうか

でも、西日本は大雨の予報が・・・

実は、私は今日、出張で富山に行きます!

大丈夫でしょうか?

 

宙に浮いた年金問題で、領収書のないものについての判断の是非をする「年金記録確認中央第三者委員会」は、非公式の話し合いで次のような判断を昨日話し合ったとのことなので、紹介します。

・納付期間が見つからず、かつ、その期間が1、2ヶ月の場合は納付したとみなす。

・夫婦で納付していた場合で、一方しか記録されていない場合は片方も納付下とみなす。

・厚生年金で、事業主が納付義務を怠っていたとしても個人に責任がないため納付したとみなす。

などです。

ただ、この話は「申し立てに筋が通っている」ことが原則です。

現在の状況だと、まだまだあやふやなところもあると思われますが、事例等にあたって、判断材料がでてくるのでしょう。

透明感のある判断を期待します。

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 08:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社会保障 

2007年07月08日

年金のご連絡!

おはようございます

今日も曇の天気です

カラ梅雨から一転して大雨の被害が気になります・・・。

 

今日は、年金の連絡についてです。

若年層にも07年3月から加入記録のお知らせが届くようになりました。

これは35歳になった人に対して、加入記録を郵送しているものです。

07年末には45歳になった人にも始まる予定でした。

しかし、政府は加入記録漏れ対策と一環として、すべての年金受給者、加入者に「ねんきん特別便」として記録を送ることを決めております。

08年10月までにおよそ1億人の人が自分の年金加入記録を確認できることとなります。

このような件から考えると、私たちももう一度「年金」の仕組みについてよく理解する必要があります。

さらに、年金教育として若年層から知るべきではないかと考えられます。

今、加入記録が・・・

もう少ししたらもらえなくなるのか?

このような話の前に、年金の仕組みそのものの理解を深めないと、議論も始まらないのではないでしょうか。

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 07:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 社会保障 

2007年07月07日

採用のスタイル!

こんにちは

今日も曇で梅雨空です

九州地方の大雨が気になりますが・・・

 

今日は採用のお話です。

中途入社や第2次新卒!

会社の採用のスタイルも少し前と変わりました。

 

採用が春の季節ではなくなり、通年となりました。

 

そこで、皆さんの会社では、入社してくる社員の方にミッションを伝えていますか? 

 

または、社員の方に何を期待していますか?

 

 

ちょっと漠然としていますね。

 

たとえば、その人を採用する理由です。

 

退職する前任者の仕事を引き継ぐためでしょうか?

 

それとも、新規分野の進出のために新しい技術が必要だからでしょうか?

 

この事を入社する人に伝えていますか?

 

さらに、どのような仕事をやってもらい、どのぐらいまで望んでいるか?

 

このことをきちんと伝えないといけませんね!

 

期待と現実は、どんなことも必ずギャップがあります。

 

この認識を共有すると、早い段階での修正が可能です。

 

この状況を作り出すと、業務の経過もチェックできます。

 

採用時に明確にすると、雇用のミスマッチもなくなります。

 

この事を実現する為には、依頼する仕事の内容を、より具体的に経営側がイメージできているかにかかっています。

 

今流行の成果主義は、結果主義ともいえるかも知れません。

 

結果の判断で、賃金が決まるということでは経過のチェックが出来ません。

 

さらに、結果だけだと、ものの見方が短期的になってしまいます。

 

社員に何を期待するか?

 

この事を伝え、途中でギャップを図れば雇用のミスマッチも減るでしょう。

 

また、この事を伝えると社員のモチベーションが上がります。

 

皆さんの会社ではいかがですか?

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 就職 

2007年07月06日

営業している気になってしまう・・・

おはようございます

今日も復活第2弾です!!

天気ものようですね。

営業マンで「私はがんばっているのに・・・」

「なんで、売上が上がらない?」

 

皆さん、営業経験者は必ずこの悩みにぶち当たりませんか?

 

ある会社の社長が、営業マンにアンケート(無記名)でとったら、がんばっているのに、結果が出ないと思っている人達が7割以上いました。

 

この結果について、社長は「本当は、もっと上だろう!」と言っていました。

 

この結果が全てかどうかはわかりませんが、

 

「この結果をどう活かすか?ここが問題です。」

と社長はお話されていました。

 

この問題の分析です。

 

社長の仮説は「営業しているフリに陥っているのでは?」と話していました。

 

つまり、お客さんのところに足しげく通っても、結果が出る前に、営業マン自身が疲れてしまう。

 

また、顔見知りになり、雑談が多くなり、それを繰返しているうちに仕事をしている気になっている。

 

しかし、営業マン達は、体の疲れや気疲れが先行して、こなした気になっているのでしょう。

 

多分、正解です。

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2007年07月05日

年金判定の基準

おはようございます

ちょっと、お休みをしていました

今日から復活です・・・。

 

今日は、宙に浮いた年金問題の本質のひとつ、年金判定についてです。

年金保険料の領収書がない場合の判定基準が、「年金記録確認中央第三者委員会」の梶谷委員長から発表されました。

年金支給の可能性が高い主な事例として次の事例が出ています。

・家計簿等に詳細な記録がある

・納付記録漏れ期間が1ヶ月など短い

・国民年金保険料を口座振替にしている

・夫婦で保険料を納めていて、片方の記録が一定期間もれている

・勤務先企業が保険料を未納だった。

このような例だと、納付とみなされるケースとなるようです。

年金判定は性善説で考えていくとのことです。

今後も基準がいろいろ出てくると思います。

またご紹介します。

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社会保障 

2007年07月01日

終身雇用はなくならない

おはようございます

まだまだ、梅雨空ですね

 

日本の人事制度の特徴は

 

 1.年功序列

 2.終身雇用

 3.企業内組合

 

この3つと言われています。

 

しかし最近は、成果主義人事の伸びや転職市場の成熟等で聞かなくなりました。

 

成果や実績により給料が決まる!

 

転職によりスキルアップをして、企業を渡り歩く!!

 

労働組合の組織率が大幅低下!!

 

以上のようなことが報道などで話されています。

 

 

しかし、この3つは本当になくなってしまうのでしょうか?

 

冷静に考えて見ましょう!

 

新入社員がいきなり管理職にはなりませんよね。

 

転職市場が成熟しつつある!とはいえ、転職未経験の人も多いですよね!

 

企業内組合の組織率は減少していますが・・・

 

ゼロにはならないでしょう。

 

とりわけ終身雇用の制度はなくならないと思います。

 

「何故か?」というと、

 

それは日本的慣行であると同時に経営がのぞむ状態だからです。

 

→ 社会保険を削減する方法

見てください!

 

気ブログランキングに参加しています。

 
只今小冊子の無料ダウンロード進呈中
「94%の会社が陥る思わぬ組織の落とし穴!組織・人事の解決ノート」です。
無料ダウンロードできますので、どうぞご覧下さいね。

http://roumu55.com/
 
 


utsumisr at 04:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 人事制度 
月別アーカイブス
タグふれんず